2010年08月31日

人間って不思議やなぁ〜

今年も日テレで24時間テレビがありました。

確か昨年はエドはるみが走ってたっけ??? 今年は周知の通り、はるな愛ですよね。

自分もコロコロとチャンネルを回しながら時々見てました。
物凄く感動的に演出してますけど・・・なんか素直に見れないなぁ・・・。

勿論、大変やと思うし自分がするってなると可也な気合も必要だとは思いますが・・・。

大阪人だけなのでしょうか???

『 コレって幾ら貰って走ってんの????? 』って思ふのは・・・。

そもそも募金番組やからギャラも安い???
んな訳ないよね?

考え様によっては、そういう演出があるからこそ
募金も集まりやすい!と

エドはるみ・・・さんはその後、見事に露出がなくなりましたが

はるな愛だって芸能界で生き残ろうと必死ですよね?
その悲壮感が見ててムンムンと感じます。
で、今回のこの話はやっぱ彼女?彼?に取っては渡りに舟ですよね???
なんつっても視聴率も稼げてイメージも上がって金も貰えて。。。

あぁ・・・別にそんな嫌味を言うツモリでは無かったんですよ。汗

最初から最後まで見てた訳ではないんですが

本当に大変そうに走ってらして・・・彼が・・・。
でも周りのサポートしながら共に走ってる人達ってコロコロメンバー代わってるんですか???
ちゃんと見てなかったから分からないんですがぁ。

しかも一緒に走ってるハンディ担いだカメラマンなんて幾ら交代要員が居ようがカメラ担いで走るなんて・・・絶対、そっちの方が大変ちゃいますか?汗

でも、きっときっと・・・
はるな愛よりもその人達はギャラ安いんじゃぁぁぁないんですかね〜???笑
裏方なんて、そんなもんさ〜・・・。なんですかね?

自分なんてテレビ見ながら

「こいつらの方が大変ちゃうん???」ってずっと思ってしまって・・・。へへへ
素直じゃないね〜・・・ワシ。

けどね、例えばゴルフですよ。

バブル時代は会員券が何百万たら一千万越えも珍しくは無かったですが
今はかなり敷居が低くなったと聞きます。それでも俺には無縁。
決して、年収も多くは無い人達が今はゴルフもやりやすくなったんでしょう。

今をトキメク、石川遼に

「遼君頑張って!!!」
「遼君しっかり!!!」

とか応援してるオバサンやオジサン・・・・。

彼がどれだけ稼いでいるのかを冷静に考えたら

「お前が頑張れよ!」

言い返される感じ・・・しませんかね?

彼はもう十分に頑張ってるし稼いでいる
コメントも十分過ぎる程に、しっかりしてます。笑

遼君が100年前に生まれてたら、ゴルフが上手いなんて何の役に立たないんですよ?
正に生まれて来た時代がピッタリな彼なんです。

自分は素直じゃないから、そんな事を考えてしまうのです。

でもまぁ・・・海外で早く優勝して欲しいですけどね。笑


今日、テレビで(テレビばっかし見てますな)

東京の漬け麺屋の六厘舎が大崎から移転するってのを取り上げていました。
んなニュース・・・大阪の人間にはどうでも良いよ!
なんですが・・・まぁ、感じた事を

これも有名な話題やと思いますのでサラリと説明します。
大崎の民家街の一角に六厘舎が有る為に、行列が出来て周りで暮らす住人達が
大変な迷惑を被っており、苦情の110番が絶えなかったらしいんです。
それで移転の運びとなった。

自分はそもそも 「 並んでまで食いたくないわ!!! 」 派です。

しかもこの六厘舎・・・ここだけじゃなく他の地域にも店舗があるらしい。
にも関わらず、何時間も並んで待つ???はぁ???です。

「 そこはやっぱ本店で食わないと!!! 」って事なんでしょうかね。

さて、何を思ったのか・・・と申しますと。

この不思議な 「 値打ち 」 です。

自分は食べた事ないので味は知りません。

「食った事もね〜のに、つべこべ言うな!」と言う意見はスルーしまして。

やっぱロケーションやら店の狭さやら、混み具合やら・・・
そして口コミでここまでこのお店の値打ちが膨大化するんですね〜。

移転して行列が出来ない場所で営業したら
きっと・・・その値打ちがなくなるんでしょうね〜。
店としたら、ソコからが本当の勝負だとは思いますが。

さて、この値打ちです!

例えば!!!

大阪には国指定の重要無形民俗文化財である人形浄瑠璃・・・文楽があります。

分かりやすく言えば歌舞伎の人形劇版・・・違うか!?汗

でもまぁ、可也の歴史ある人形劇です。

この文楽・・・自分は生で見た事はありません。
NHKのテレビでチラリと見た位です。
云わば、テレビでやってても引き込まれる程では無かった・・・
大阪が大好きな俺、その大阪が誇る歴史的な文化財の文楽なのに
なぜ?????

古い感じだから?
台詞回しが難しい?
テレビじゃ良さが伝わらない?

まぁ、上記の事もチャンネルを変えさせた要因であるかも知れません。

でも一番の理由は

人形使いです。

三人で一体の人形を扱うのですが、手足?や他の道具を扱う人は両サイドに二人。
顔・胴体・手足を扱うメインの人が一人です。

先の二人は黒子の衣装で顔もスッポリ見えません

がぁ

メインの人はバッチリと人形の真後ろに顔面が出ています。汗

これが集中出来ない・・・汗

人形を見たいが、どうしても後ろや横に来る顔面が・・・。

まだ、黒子は許せるのですがぁ・・・なんで???顔出してるん???

となる。


ですが・・・ここからが例の値打ちなのです。

このメインの人形使いの人こそ・・・いわゆる名の通った名人!
きっと脇の黒子さんも

「いつかメインの人形使いになるぞ!」

と日々、努力を重ねているのでしょう。

また、通の文楽好みな人々からすれば

名人の顔が黒子と同じ様に隠れていては

意味がない!味がない!価値がない!

となるのかも知れません。

確かに、全員が黒子だと

{ ただの人形劇 } になりかねませんなぁ。

したらば、重要無形民俗文化財なんてお墨付きもなかなか貰えるものでは無かったのかも知れません。

それは理解出来るんですがぁ・・・
やっぱ自分は名人さんの顔面が邪魔でチャンネル変えたダサイ奴でした。
すんませんm(__)m


他にも、力士のチョンマゲが無くなったら学生相撲の延長っぽくて

値打ちないなぁ・・・

ってね。

探せば一杯、こんな事が出てきそうですね。笑

また違う値打ちですが・・・今やツメ入りの学生服をなかなか見掛ける事が出来ません。
私服か、ブレザー系の学生服が殆どとなりました。
あのツメ入りの部分が結構不快な記憶がある自分なのですが
今や、制服フェチな人に取っては可也の価値があるみたいです。
特にゲイの間ではね。笑

って事はぁ・・・話を超飛躍させると!

中国の人民服が姿を消してしまったら

「人民服萌え〜」なんて人達が沢山出るのでしょうか?
もしやもう既に沢山居るかもですね。

人間って何か複雑でややこしくて不思議な生き物なのですね〜。



あなかしこ

posted by Leach at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

スカイビル

今日は梅田に夕方頃、買い物の為に出掛けました。

製作のタカシと一緒に歩いていますと
ガイドブックを持ったアジア系中年の家族が(父・母・娘・・・恐らくね)・・・。

製作のタカシは韓国が大好きでハングルを勉強しています。

いつも梅田に居ますと、こういうガイドブックを持って迷ってる風な人達を目ざとく見つけ
そっと寄って行ってはドコの国の人か?と韓国語で聞きます。
自分が一緒の時には今の所、百発百中で全て韓国人です。笑

近頃は中国からの旅行者も激増しましたので、そういう人達に当たる確立も高いと思うのですが。
まぁ、中国からの旅行者はまだ団体行動の旅行が主流ですからね。
韓国からは二人で・・・とかの日本人と同じパターンの旅行も多いからでしょうかね。

自分がそのタカシと共に梅田に居まして、そういう旅行者に声を掛けて道案内をすると言う
ケースはコレまで3回程ありまして・・・その旅行者の全てが


梅田スカイビル


スカイビル.jpg



を探しているのです。

それは韓国からの旅行者に限ってなのかも知れないですがね。

スカイビルと言えば空中庭園です。

ビルの造りも凄く個性的です。

地下のレストラン街は江戸時代風の作りで面白いです。

ただ、梅田から行き難い!!!

北ヤードの再開発が始まり、後数年でそのスカイビルももっと梅田に近い存在になるとは思いますが・・・。
梅田から見えるけど、どうやって行くの???って人は案外多い様です。
なので土地勘の全く無い海外からの旅行者なら尚更ですよね?

大阪人として、スカイビルに行きたい!と思われるのは嬉しいです。
個性的なモノを海外の人が喜んで観光しに来るってね。

ただ、大阪ってスカイビルの他に・・・・何が・・・。


なのですよね。


スカイビルって1993年に出来たんですよ。

スカイビルが出来るまで大阪で目立ってたビルは丸ビルです。
時代の流れでその丸ビルも回る電光掲示板が消え、周りを高層ビルに囲まれて
それほど目立たなくなりました。
その次に目立ったのがこのスカイビルです。

ですが・・・スカイビルからもう何年経つのでしょう・・・。

梅田は伊丹空港のせいで超高層ビルを建てる事が法律的に出来ないんらしいんですよ。
高さ制限200mらしい

なので、せいぜいマックス40階立て位のビルしかないのです。

ならば・・・スカイビルの様な個性的なビルが出来て欲しい!!!と

常に願っていたのですが・・・全然出来ません。涙

日本も観光立国を目指したい!
大阪もそれに乗り遅れたくない!

のならば・・・海外からの旅行者が建物にも興味をソソル!なんてのも良くないですか???

ビルの高さに関しては東京ですら及ばない上海やドバイなんてのもあるんやし
それならば個性で勝負ですよね?
勿論、その中に入るソフトこそ重要なんでしょうが・・・。

数年後には天王寺に300メートルの近鉄ビルが立ちますし、梅田にも朝日新聞社とフェスティバルホール後地に200メートル級のツインタワーも立ちます。

もっと間近には大阪駅の再開発ももう完成です。

どんどん大阪は変わってはいますが・・・1993年の時・・・・


「えらいケッタイなビル建てたなぁ・・・ははは」

って言う

感動の様な
驚きの様な
自慢の様な

感覚をもう一度!なんですよね〜。

この気持ちを共有出来る人って少ないんでしょうかね〜(>_<)





posted by Leach at 03:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

施餓鬼(せがき)

segaki 002senmei.jpg

今回は実家にあります墓地を中心に執り行われる
施餓鬼(せがき)に行って来ました。
毎年8月20日にあります。

お墓にはそれぞれの家々が
灯篭と言うか提灯と言うか呼び方解らんな…
映りは最悪ですが
写真の様に沢山の灯篭提灯が墓石の前に釣られて壮観です。

施餓鬼の詳細は知りませんが、自分の解釈ではお盆に帰って来た先祖の霊を天国に送り返す為の最終イベントの様なモノだと思っています。


segaki 009.jpg


沢山とは言い難いですが、夜店(よみせ)も出ます。
最近では縁日と言うのが普遍的な呼び方ですが・・・
自分は夜店と子供の頃に呼んでました。

大人になって規模が小さく感じる分もあるかと思いますが・・・
やっぱり昔と比べたら店の数は少ないですね。涙

丁度、自分たちが子供の頃が
ピークだったのかも知れないです。

夜店にはクジ引きのお店も沢山ありますよね。

目につく所に子供が喜ぶ高価なオモチャがドシっと飾ってあって
それを出汁にクジを引かせて暴利を貪る・・・。笑
最近の子供は安価なオモチャには見向きもしないし・・・
テレビゲームが出てからはソフトも商品に並ぶ様になって久しいです。
それでも過去に暴利を貪られた経験のある親が横に居ると
もうスルーされる事も多いんでしょうね〜。

ですがギャンブル的なこの遊びに喰い付くガキもそれなりに多い!
そういう連中が将来、パチンコや競馬競輪系のギャンブル業界を
支える大切な人材になるのでしょうかね。

自分が子供の頃、この施餓鬼に必ずやってくるクジ引き屋さんがいました。
自分達は子供の頃はクジ引きの事を「当てモン」と言ってましたね。

その当てモン屋が今から思えば可也の『 変わり種 』でした。

それは良くある夜店のテントっぽい作りではなく、オジサンが一人座れる程度の机を工夫して作った台に品物を並べて、子供にクジを引かせて「当たった、はずれ」と繰り返すだけの事です。
しかも最高商品・・・と言っても

『それホンマに撮れるん?』

って言う感じのカメラとかです。
勿論、それすら当たらない・・・もしくは当たると思えない。笑

さて、聞くからにショボイその当てモン屋の何が変り種なのか・・・。

口上です。

自分が覚えているのはたった二つしかありませんが。汗

バナナの叩き売りヨロシク・・・それよりはもっと小声でブツブツと何かを呟いているのです。
勿論、沢山の人がウヨウヨと通り過ぎるので本当はそれなりの声を出して居るのかもですが・・・近くで聞かないと分からない内容です。

それは

校長先生の嫁さんはデベソ!
校長先生の嫁さんは目噛んで死んだ!

です。

先にも書きましたが・・・自分が覚えているフレーズはこの二つだけですが・・・きっと他にも沢山レパートリーがあった事でしょう・・・。
自分が物心ついてから毎年訪れるその施餓鬼に来る「当てモン屋のこのオッサン」の口上。

「あっ!あの当てモン屋また来てるわ!」と思いながら決してクジ引きはせずに・・・この口上だけを毎年聞いてから・・・他の夜店に繰り出すのです。笑

今にして思えば、もっと他の口上もしっかりと聞いて覚えておくべきだったのですが・・・
上に書いた

「校長先生の嫁さんはデベソ!」
「校長先生の嫁さんは目噛んで死んだ!」

しか記憶にありません。

この様なワンフレーズを呟く様に繰り替えし、時々喰い付く子供にクジを引かせて

「はい残念賞〜!」とショボイ品物を渡す

自分もその内、地元の夜店などには行かなくなるし・・・
思春期には当てモン屋とはオサラバになる。
きっとあのオッサンももう死んだかな。

自分が子供の頃は夜店だけに限らず、色んな品物を移動販売している商売は沢山ありましたね。

改造したリヤカーで風鈴をリヤカーの上の台の辺り一面に釣って売り歩く
風鈴屋・・・
粘土細工の様な飴を練って・・・お客さんのリクエストに答えて和バサミでチョキチョキ部分部分をカットしながら言われたキャラクターを作る飴屋さん。
自分が小学高学年くらいには複雑なキャラクターが出て来ましたので子供のリクエストに答えれないパターンが激増していました。笑
その飴屋さんですが・・・最後がいつも理解不能なんです。
なぜならば、折角リクエストに答えてこしらえた飴細工を最後は逆さまに立てて空気を入れて膨らませてから、お客さんに渡すんですよね。汗
「そんなんしたら意味ないやん!」みたいな・・・。

実際に見た事の無い人には、今の説明では全く想像出来ないとは思いますが。

学校の裏に良くヒヨコ売り、得体の知れない品物屋、マジック製品屋も来てたし
日曜には「紙芝居」も来てました。
今では車で来ます、「ワラビ餅」も昔は人力車で来てました。

ロバのパン屋は、微かに記憶にあるレベルです。汗

竿竹売り、金魚売り(これもリヤカーかな)
自分の地元特有なのは
アブラカス(関西地方特有の牛の腸の干物?汗)や煮コゴリ、さいぼし(多分、馬の肉のソフト燻製)を早朝に売りに来るんです。

煮コゴリなんてのは、料亭や高級和食でしか最近は出てこない食べ物です。
若い人は知らない人も多いでしょうね。
アブラカスは自分は好きではありませんが母やお婆ちゃんは良く食べてましたね。
さいぼしはメッチャ美味いですよ。
今は可也高価な食べ物です。

と施餓鬼からエライ昔話になりました。汗

同年代や少し上の人には昔を思い出せてもらえたかもですね。


posted by Leach at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

万灯供養

五重の塔.jpg

本日は四天王寺さんへ出向きまして。

二年前に亡くなった妹の万灯供養に行って参りました。

近頃は、キャンドルナイトと称したイベントが大阪の街でも
あちらこちらと開催されたりしていますが。
四天王寺さんの万灯供養は書いて字の如く万の灯を飾って先祖供養や故人を偲び供養する為の催しです。

境内の五重塔の周りに蝋燭立てがぐるりと立てられ、ソコにアルバイトの兄ちゃん達が参詣に来た人達から蝋燭を受け取り次から次へと火をつけて行きます。

自分が行った時刻はまだ暗くなる直前で、しかも台風の影響で強めの風で蝋燭の火が煽られて煙もちょい出ており。
あまり綺麗ではなかったです。汗
我慢して少し待てば良かったけど、まだ腰が痛くて〜。(>_<)

万灯供養.jpg

夜に入ってからの万灯供養はきっと綺麗なのかも知れません。
けど、蝋燭も太めですし(和蝋燭?)綺麗さを求めてイケないのかも知れないですね。笑
邪念でしたぁ・・・。(~_~;)

さてこの四天王寺ですが、教科書にも登場する位に有名です。
聖徳太子が建立して、その後に親鸞、空海、などなどの超有名な歴史的人物がこのお寺に関わっています。

にも関わらず、こういうイベントの時しか人は来ません。汗

有名なのは(それもどうか微妙ですが)毎月21日のお大師さん(これは聖徳太子の太子では無く弘法大師空海の大師)って真言宗の参詣日がありますが、これは四天王寺だけのイベントではありません。独自のイベントは冬に行われる「どやどや」という裸祭り、朝鮮語で「ワッショイの意味」の四天王寺ワッソ・・・等です。

そういうイベントの日には人は沢山来ます。

ですが

普通の日・・・特に昼以降には余り人は居ません。

最近では日本人よりも観光客の韓国人や中国人の方が多いかもです。

正直、こんなの宝の持ち腐れじゃないですかね〜???

もっと、いつでも人が沢山参詣していて浅草の浅草寺みたいな活気のある場所にならないのでしょうか?
浅草の浅草寺・・・雷門と仲見世・・・以外に何かあります???

ウキペディアで調べたら、それなりに由緒も所以のある人物も出ては来るでしょうが・・・。
お年寄り以外の観光客やその他の人達って取り合えず行って見るって感じやと思うんですが・・・。
理由は???
雷門と仲見世・・・???。

そこで・・・思い切って{ 毒 }吐きますが・・・浅草寺にあんなに人が来るなら四天王寺はその倍程に人が来ても可笑しくないでしょがぁ!ってね。

勿論、東京は圧倒的に人口が多いし、首都ですし、浅草って街に行けば浅草寺も・・・観光には絶対な場所です。

四天王寺さん自体はそんな集客を求めてはいないのでしょうかね?
それとも、どうプロデュースすれば人が来るのか分からないのでしょうか・・・。
大阪市?府?はどう考えてるんでしょうね〜。

自分は大阪生まれの大阪育ちです。
なんとか大阪が楽しい街であって欲しいし、大阪に来ないと無いモノを沢山作る、もしくは再発掘して他府県の人達が大阪を羨む様にしたい!
海外からも来たくなる位にね。
なかなか壮大な望みでしょ?

実は劇団もそんなつもりで作ったんですけどね。汗



さて〜!

俺の大切な大切な妹の供養に行ったって話からエラく話は飛躍しましたが。

今後もこんな感じになりそうです。汗

ご了承の程を・・・。m(__)m




posted by Leach at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

初投稿さっ

c0185362_11245516.jpg

登録した割には全く進まないブログでは
ありますが・・・その理由が知りたい人は劇団の日記を参照下さい。
ってそんなん面倒かな。笑

これからは出来るだけ小まめに書きましょう!


とか言ってる間に俺の夏が終わる〜!!!(>_<)

まぁ、海もプールも実はそんなに好きではない。
サッカーやってる割には日焼けも嫌いなんですよ。

なので、毎年ユニホーム焼けだけで
服脱いだら顔と腕と足だけ真っ黒!
って感じでパッと見は建築系や漁師さん?
みたいな焼け方になるんです。
今年もそんな感じですが・・・
サッカーも暫くお預けです。汗

その理由・・・劇団の日記で!

ってもうエエか。笑

昔、テレビとかで浪曲や浪花節とかやってて
話しの佳境に入った所で

「 続きはレコードで〜! 」っつうて

終わるのがあったけど・・・
知ってるのはもう40代後半の人なのかな。

なんと言っても初投稿なんで元気で行こうと!

思ったんですがぁ・・・
日記に書いてる腰痛と(バラした)
もう一つ重い重い出来事のせいで元気が出ません。

それについてはまたの機会に書きます。

続きはレコードで〜!

なんてね。
posted by Leach at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする