2010年09月16日

モザイク

先日、テレビのリンカーンを見ていましたら、過去のVTRを流す際に
バナナマンの日村だけにモザイクが掛かっておりまして

「え?」なんかあったんかいな???

と思いました。

事件性のある場合は別枠に「これはイツイツに収録されたものです」と出る習わしがTVには
あるが、それは出ていない・・・。

気にはなったんですが、そのまま流しておりました。

んで、昨日ネットで調べたんです。すると同じ様に疑問に感じた人も多かったみたいで
同様のQ&Aがありました。

それを見ました所、

同時間に他局で本人が出演していたから・・・

と言うものでした。汗

要するにテレビ業界のルールなのでしょうか?
ですが、過去に自分がテレビを見ておりまして、チャンネルをコロコロと変えていましたら

「あれ?こいつこっちにも出てるわ」

みたいな事が結構ありました。

それは一体なんなのでしょうかね・・・。

それともそれ以降・・・そういう取り決めが行われたのでしょうか・・・。
もしくは、製作者それぞれの配慮に任せるというものでしょうか?

どうでも良い話ではありますが・・・気楽にテレビを見てて、本編の内容そっちのけで
それが気になりだすと困りますね。汗

それと似た話ですが、NHKは頑なに商品名を伏せて放送しています。
が民法は違います。普通に商品が番組中に写ったりします。

ですが、たまに商品名が伏せられたり、NHKの様にカバー的なモノで覆っているケースも見かけます。
その辺も民法はバラバラです。
恐らく、それはスポンサーからの要望が大きく作用しているものだと思われますが。
急に、それが出てくるとヤタラと気になりますね。
しかも幾ら覆っていても明らかに、その商品が有名で解るものだと自分的には

逆効果・・・だと思うのですが・・・。

モザイク繋がりでもう一つ。

ニュースで犯人が連行される時、手錠の部分だけモザイクが掛かっています。
誰の目にも、それが手錠である事は明らかです。
にも関わらずモザイクが・・・。

これまたネットで調べましたらば

『 手錠は昔で言うところの「引き回し」のイメージがあるため、手錠をかけた状態が目に触れるのは不適切との判断から、モザイクを入れたり、布で隠しているのです。犯罪者のイメージを強調するこの手錠ですが、連行される時点では彼らはあくまで容疑者であり、まだ犯人と確定されたわけではありません。しかし最大の理由は人権擁護でしょう。手錠の使用に当たっては、たとえ容疑者というべき立場でも人の身体の自由を拘束する強制的な処遇であるため、できる限り厳格に取り扱おうという人権上の配慮ではないかと思います。 』

以上が引用部分です。

自分としましては

容疑者の段階でまずテレビに映す事の方が人権擁護的には重大な問題ではないでしょうかね。汗

しかも名前も顔写真も出す場合もありますしね。

人権擁護団体などからもきっと大きな抗議があるものと思われますが、結局手錠にモザイクって何の妥協点なのでしょう・・・。

自分は容疑者である段階では名前も顔も手錠も不要だと思います。

過去に松本サリンで容疑者にされた方がいましたが、その人の立場に立つと

ゾッとします。

もう社会的なダメージは計り知れないでしょうね。

モザイクから冤罪まで、まったく取りとめもない内容では御座いますが

今回はこんな感じで〜。(^^♪


終わり

posted by Leach at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする