2010年10月29日

我が家に来た大物

ついに今日から三日間、自分が客演で出演している舞台が本番です。

もう風邪と寝不足と稽古の疲れと仕事が溜まっているのとで可也ヤバイ状態ですな。

((((;゚Д゚))))

風邪がもう治ると思っていたけど・・・これがまだ治らんわ。
これも加齢によるものか・・・。ヘコ

こんな追いつまった状況下に我が家にやって来たのが
仕事で使う為のFAXだぁ!
自宅が仕事部屋でもある俺はFAXが必需品です。

がぁ・・・。

会社が新しいの購入するから、こっちを使えば・・・と送って来たのです。。。がぁ・・・
会社で見てたのと自分の部屋で見るのとでは存在感が違いまふ!違い過ぎまふ・・・ (/ω\)
勿論、ちゃんと高さ、幅、奥行きなども測ってのゴーサインだったのだがぁ

確かに、個人で買える様な代物でもないし〜
劇団や私物でもコピーしまくりの自分としてはトナー代も用紙代も
限度内なら使っても良いってこの会社からの送り物はありがたいがぁ・・・。

タダでさえ狭いマイルームに・・・この大物ですよ!汗


fax 001.jpg


スティール製の棚の中身をゴッソリと吐き出させても尚この、はみ出し状態でコレですわ。涙
先に書いた現状も相まって部屋を片付ける気力も余裕も無い・・・。
マネキンのロベルトくんも居場所を失う勢いだぁ。汗だく


因みに旧FAXはこちら・・・廊下で次の持ち主が受け取りに来るのを待ってます。(笑)

fax 002.jpg

まぁ、取りあえず公演が済むまで部屋は散乱のままか・・・。


OH!Yeaaaaaah!


posted by Leach at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

地下足袋ぃ〜

それにしても風邪がなかなか治らんなぁ!(`・ω・´)

芝居の稽古中も咳が出そうになるのを堪えるのに必死のぱっちでっせ。涙

痰も絡みまくりで、台詞の時にまた上手い具合にゴロゴロと来るから
悪い意味で人間って良く出来てるね。汗


さて、前回からの続きがまだありますのえ・・・。

もの凄い別世界であった飛田新地を発見した(何年か前にも通った事はありましたが)
その場所を通る事になった原因である地下足袋です。

最初、コーナンで値段の下見をしたのは前回書きましたが、その時に
写真の様に

りきたび.JPG


足のサイズが書かれた左側に5枚とか12枚とか書いて有りますよね。
知っている人には、それがどういう意味かは理解出来ますよね。

ですが・・・

初めてその部分を見た自分は

「ん?5枚入り?この中に同じ物が五枚も入ってるんかいな?下は12枚も!?・・・これってまとめ売りしかしないんかな?そんなに要らんけどなぁ・・・。」

等と陳列棚を見ながら思ったんですよね。
特に深く考える事も無く・・・。

まぁ、専門店を探してそこで・・・って頭がありましたんで

で、今回の地下足袋を購入しました時のお店でのやりとりです。

店のオッサン 「10枚と12枚どちらにします?」
俺      「え???それって小売りはしてないんですか?」
店のオッサン 「は?」
俺      「いや、一足分づつの小売りは出来ないんですか?」

みたいなぁ・・・

知っている人にはきっとモドカシイやり取りやと思いますね。(笑)

でも知らない人の為にご説明いたします。

その5枚、10枚、12枚ってのは

コハゼの事だったのです。

履く時に足袋を止める為のツメ?・・・みたいなのをコハゼと・・・
要するに、コハゼの枚数を書いてあったり、店のオッサンは言っていたのですね。

frog 120.jpg

知らなかった自分は勝手に

「足袋は一足二足では無く、一枚二枚って数えるんや・・・」なんてのを咄嗟に答えとして編み出してしまい、それを頑なに信じてしまって居たと言う訳です。


今回の話で思い出した出来事があります。

それは自分がまだまだ若かりし日の事です。

家に熊本から来た叔父さんがおりまして、その人が俺に向かって


叔父さん 「母ちゃんな・・・」  と言うのです・・・なので

俺    「うん・・・」


するとその叔父さんはまた


叔父さん 「母ちゃんな・・・」 と、もう一度言うので・・・俺も

俺    「うん・・・」
叔父さん 「母ちゃんな・・・」
俺    「うん・・・」

これを三回か四回は繰り返したのでした。

俺は叔父さんが「母ちゃんな・・・」って言うから、その話にまだ続きがあると思うんで
「うん」と答えた訳です。

「母ちゃんな・・・」
「うん」
「今日は帰りが遅くなるって言ってたよ・・・」

みたいな会話になるべくの相槌を打っただけです。

にも関わらず、その叔父さんは何故かまた同じフレーズを繰り返す・・・

なんじゃこりゃ!!!???



さぁ・・・答えです。

実は熊本弁で「母ちゃんな・・・」ってのは「母ちゃんは?」って意味だったのですね〜。

なので、叔父さんからすれば俺に

「母ちゃんは?」

って聞いてるのに

「うん・・・」って答える変な奴だった訳です。

「な」と「は」の使い方が地方に寄って違うとこうなると言う訳ですなぁ。

まぁ、これは俺が17歳頃の話なので時代も変わり、もしかしたら今の熊本の人でも
それは知らない・・・なんて事になるかもですが。
身近に熊本人を見つけたら今度聞いてみます。w


おわり







posted by Leach at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

絶景!飛田新地




Voice Authority さんの稽古に行く為に
チャリで梅田から天下茶屋まで大移動!

俺には普通な事なのですが・・・(笑)

結構な距離です。汗

その日は今月末にある公演で使用する
地下足袋を買いに行く為に
少し早めに向かいました。

コーナンにも売ってるって事で
先にコーナンに寄って値段check!1860円

これを基本に西成に行けば!
と言う感じで〜。

西成は日雇い労働者の町
となれば
作業着や現場関係の物は大抵揃ってる筈!と

取りあえず、チャリでウロチョロしてました。

芝居関係で安い衣装等を手に入れたい人は
必ずココにたどり着くと言えますね。
知らない人は要checkですよ〜!
ただ、軒並みにそういうお店がある訳では無いので
やっぱチャリ移動が一番か!?

まぁ、今回は地下足袋を探しに来たので
普通の服屋さんはスルーして2,30分程をウロチョロと・・・。


frog 137.jpg


すると!!!!!!

イキナリ、異空間が!!!!!

まぁ、わかり易く表現すれば
 { 遊廓 } ですかね。

ただ、テレビの時代劇で見る遊廓は格子の向こうに
白粉を塗った女性が沢山
お客さんを待っているって感じですが。
そこは違いました。

一軒一軒ゴトに屋号が掲げてあり
狭い間口の入口脇にオバサンが腰掛けて
中央に昔で言う女郎?
オシトヤカに鎮座されておわします。(笑)
何が異様なのか!!!

照明です。

テレビで大女優が出た時に

ソコまであてんでも!!!・・・ 」汗

って位に照明でシワやらシミを
飛ばしてる番組があったりしますよね。

それの遊廓バージョンです。

断然、こちらの方が
こういう手法を用いたのは先やとは思いますが。

ホンマに

オモロー!!!!って感じです。

これは行って見た人で無いと
言葉では表現出来ない世界です。汗

ただただ
こんな世界がまだあるんや〜!!!
って感じです。

自分がチャリで通った時は
夕方で日も沈む前でお客さんの姿はありませんでした。

なので、Voice Authorityさんの稽古帰りに
もう一度立ち寄って
雰囲気でも解る様な写真を撮りたい!
と思いまして、夜の8時頃でしょうか・・・

再度、飛田新地へ!!!!

所がぁ!!!!夕方の静けさは何処へ????

もう人が一杯ウロウロしてるんです。汗

ただ、一人で来てる人は少ない・・・
若しくは、とっととお店に吸い込まれて
入ってしまった後なのか
行き来をしているのは
若い学生風、リーマン等の数人組のグループです。

やはりこの異様さを見学に来たのか
実際に買いに来たのかは解りませんが・・・
兎に角、賑わっておるのですよ〜。

ビックリ \(◎o◎)/!

なので、写真なんて撮ろうモノなら

「何さらしとんねん!!!」と
裏からヤクザでも出て来かねませんわな。

残念ですなぁ。


frog 139.jpg

これが限界でしたわ。




posted by Leach at 02:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

チャリンコpart2

さて続きのpart2です。

大阪は兎に角、放置自転車が多い!

しかも梅田や難波等の中心地にも山の如しです。

では東京はどうなのか?

大阪と比べて少ないです。

それは大阪人と比べてマナーが良いから?
まぁ、多少はそれもあるとは思いますが同じ都会と言いましても
やはり条件が違います。

一番の違いは地形です。

自分は東京に17歳〜19歳、25歳〜31歳と住んでいました。
初めて東京に行った時に都会の概念が崩れました。
大阪で生まれ育った自分は

都会=平面にビルが立っている
都会=雪が降らない

でした。

勿論、ただの世間知らずなだけなんですが
大阪は坂道が少なくて梅田も難波もオフィス街の本町も天王寺周辺以外は殆どアップダウンがありません。
大阪は昔、大坂と呼ばれていたのに何故???
恐らく、平野が主体であったのに天王寺や森ノ宮周辺だけに坂があり、返ってそれが象徴的に目立ったからかも知れないですね。(いい加減な推測ですけどね)
何せ今の大阪市内の多くの部分は元、海だったり、湿地帯だった・・・らしいですし。

そして大阪に雪が積もった!!!ってのも自分の人生の中では数回程度しか記憶に残っていません。

以上の二つを東京に住んで直ぐに思い知らされました。
東京は「ここって元、山ちゃうのん?」って場所にも普通にビルが林立している。(笑)

自分は東京に新聞奨学制度を利用して音楽の学校に通う為に行ったのですが
兎に角、道にアップダウンの多い事多い事・・・汗
大阪でも新聞配達はしてたんですが話になりません。
そして初めて迎えた冬がこれまた記録的な大雪が降った年だったのでした。
新聞を配る為のチャリンコの前後輪のタイヤとカバーの間に雪が詰まって車輪が回転しなくなるんです。
要するに雪の上でチャリンコを滑らしながら押すしか進まない。涙
もう朝の4時に配り始めて、終えたのが昼近くでした。
ホンマ配ってる最中は

「これ終わるんか?」

とマジで辛かったですね〜・・・アレは

思い切り話が枝に行きましたが。

要するに、東京は坂道が多くてチャンリコが不向きなのです。
特にママチャリにはね。(笑)
まぁそんな東京ですら自分はチャリ移動しまくってたけど。

また自分が住んでた頃の東京は新宿近辺などは余り住人がいませんでした。

代々木、四谷三丁目、新大久保、中野と一駅二駅先に皆が住むって感じでした。
地下鉄の値段も大阪と違って安いし
わざわざチャリで来るよりも電車が楽ちんです。
今は電動自転車も多くなったし、昔よりも遥かに新宿徒歩圏内にでも沢山の人(特に身軽な単身者)が住んでてチャリンコでウロチョロしてる人もかなり増えたみたいですが。

さて、大阪です。

大阪は先にも述べた様に平野なので基本、チャリ移動はdoor to doorで楽に行けるし金も掛からないし・・・と東京と比べてチャリ使用には比較的に適していると言えるかも知れませんね。
なんと言っても大阪は狭いのです。
東京23区の中で大きめな区を三つ程、合わせれば大阪市はスッポリと入ってしまうのですね〜。
それに今は・・・エコだ!ダイエットの為に!という大義名分?もソコに付け足す事も出来る時代になりましたしね。

でも、停める場所が無い!!!

自転車を利用する人間のマナーの問題とは別にソコは考えて貰いたい。

自分は駅や繁華街などで集客を主目的とされた場所には絶対に車、バイク、自転車を止める場所を予め確保すべきだ!と言う考えです。
それも無しにマナーだどうだ!って言っても解決策にはなりません。
上に書いた様に大阪は自転車利用に適した地なのだ!
と言う事実を踏まえて考え計画すべきなのです。

マンション等もで自転車置き場の無い、最初から計算されずに建てられた物が多過ぎます。
特に単身者用のワンルームマンションで余り大きくない建物の場合は明らかに道路にはみ出した状態で住人の自転車が溢れていますしね。
それはマンションを建てた人間の責任だと思うのです。
そんなスペースも確保出来ないなら建てるなよ!行政もOK出すなよ!とね。
法治国家なので法律内だ!と言われればそれまでか・・・。


さて、文句ばっかしの俺ですが多少、役に立つ情報も載せます。(笑)

梅田にも現在は行政が知恵を絞って自転車置き場が設けられる様になってきました。

今回梅田の周辺の情報しかありませんが

自転車地図.jpg

上の地図で赤く塗られた部分に有料チャリ置き場が設置されました。

自転車置き場.jpg

こんな感じです。

値段も良心的だと思いますね。
まっ金さえ出せば街の美観問題も無くなり、それを放置とは言わないって事になるの???とイマイチしっくり来なかったりもしますが。
ちゃんと整列もされて停める人間も罪悪感が無くて良いですよね。

俺同様に大阪をチャリで右往左往されている方は是非、こういう場所を利用しませう!

あ〜語ったなぁ・・・・読んでる人って嫌気が差すか、イラッて来てるのかも〜。
と思いつつも語りたい!俺・・・・頭は良くないね(笑)
最後は自虐(/ω\)
posted by Leach at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

チャリンコ

今日は天満の方まで夜にチャリで行きました。

我が家から天満近辺にはチャリで10分位です。
天六からユルユルと商店街を通って行きました。

天神橋筋商店街では(まぁ、どこでも同じだと思いますが)チャリを乗って通るのは禁止です。
禁止と言っても罰則はありません。
飽くまでもマナーの範囲内での話・・・今の所は。

なので、本来は自転車自体を乗り入れ出来ない様にしてしまう、若しくは本当に罰則をつける・・・等の対策を取れば改善はするのでしょうね。

かく言う自分もその商店街をチャリで通過しています。汗

本来は自転車を押しながら歩行すべき!とは思いますが

飽くまでも独断と独善的な思考の元に自分は乗りながら、ほぼ歩行者と同じ速度、前方に余裕、空きがあれば「スーッ」と進む。
基本、ベルは鳴らさない、自然に道が開けるを基本的には待つ。歩行者が大優先。
押さずに乗るのは、人が多くて商店街が狭いので乗りがならユックリ進む事がよりスペースを得ながら進める。

からです。口説いですが飽くまでも独断と独善的な思考の元に自分の中で正当化しています。汗

そこに、なんで?????と思える速度で飛ばしてくるチャリがあります。
多くは若者です。(たまにオッサンがベルを連打させながらオレ様が通るからどけ!みたいに行く場合もありますね)
商店街以外でも自分が曲がり角をゆっくりとチャリで曲がろうとした時に向かう側の角から
凄いスピードで曲がって来るチャリがあり
たまにブツカリ掛けます。
もしも自分も似た様な速度で曲がって居れば激突しているに違いない!
という思われる程の速さ・・・汗

そういう奴って

アホ???

って思いますね。

要するに、シュミレーション能力が無いのですね。

何をもって、死角である曲がり角から

「何かが曲がって来るかも知れない・・・」と言う

想像力が働かないのか・・・不思議です。

さて、その天満で大好物であるハンバーガーを買いに行った時の話です。
これは商店街の中ではなく外側の道路に面しているハンバーガーショップです。

ハンバーガーを注文して出来上がりを待って居たのですが。

写真の通りです。


mos.jpg

右側が道路側、左がお店側です。
この止め方なんでしょう?????

最初はちゃんと邪魔にならないように止めていたけど、誰かがこういう状態にして去った・・・という事も有り得るとは思いますが
もし、最初からこんな感じで止めたのであれば

アホです。

先に書いた様にシュミレーション能力が無いのですかね。汗

どれほどにハンバーガーが食べたかったのか知りませんが
自分さえ良ければ後は野となれ山となれ・・・。

最近は余りに自転車関連の事故が多い為に、ついにチャリも違反すれば厳罰に処される事になったとか・・・。

これも仕方が無いのでしょうね〜。

続きはまだあるのですが・・・パート2を次回に回したいと思ふ。
posted by Leach at 05:07| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

大阪府立青少年会館

ここ暫く風邪か何か・・・で体調悪しの矢野です。(腰痛はマシです)

芝居の稽古で大人数が集まると、中には必ず誰かが風邪を引いていたりします。

そして結構な割合で自分は感染します。汗だく

4月にあったワッハ上方ホールの舞台でも、多数の役者さんが出演しましたので
稽古時には誰かが風邪を引いてる状態でした。
勿論、自分も・・・。
今回はソコまで蔓延感はありませんか、自分にはやんわりと来たみたいです。(>_<)

軽く熱っぽくて喉がイガイガしてダルイですなぁ。
一番困るのが、頭痛です。
薬を飲むしか止め様がありませんしね。

医者から貰った胃薬と一緒にロキソニンを飲むんですが、必ず数日後には口内炎が出来ます。

この口内炎ですが・・・自分は若かりし頃から苦しんでいます。

ですが・・・年を重ねたせいで痛覚が強靭になったのか、昔ほど口内炎になっても苦しむ事はなくなりました。不思議ですね〜。

もともと滑舌の良くない私メではありますが、本番に限ってエエ場所に口内炎が出来たりします。一番最悪な場所は舌ですよ〜!それでもしっかりと台詞は言わないとアカン訳やしね〜。涙



さて、話は変わって今日テレビのニュースで今は無き大阪府立青少年会館の話題がやっていました。


大阪青少年会館.jpg


我々、役者陣にはゆかりの深い大阪府立青少年会館ではありますが、今はスッカリ更地になり跡形も無くなっていました。
そして、その更地から工事が進んでいたのですが現場から何やら難波宮 ( なにわのみや )の宮殿石敷き舗装用とみられる平らな面のある長方形の榛原石(はいばらいし)等が多数発見されたと。

しかもたった6メートルの深さからですよ!

旧跡.jpg

自分的にはその辺り一体を発掘すれば昔の史跡だらけなんですから、色んな大発見があると思うのです。
難波宮の周辺にも沢山、ビルが建っていますが恐らく、そういう大切な発見もわざと見過ごされてきた事があるんやないかと疑っています。
建設会社からしたら、それで工事がストップして損害にもなるのでしょうからね。

なにせ西暦686年頃のものの遺跡ですからね。
難波宮はどうも全然、分かっていない事が多くて、これまでも想像に近い復元映像などを作っていたりしたけれど、今回の事でもっと確実な資料に基づいた復元が出来るかも・・・って話です。

パブリックスペースにプラネに会議室にと芝居関連で何度も訪れた場所の真下にそんな凄い物が埋まっていたんですね〜。

凄いな。
posted by Leach at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする