2010年12月31日

韓国

あぁ〜・・・流石年末やな・・・。

更新なんて出来やしないね。汗

初旬には毎度の韓国に行って来ました。
行きの飛行機はガラガラで、北朝鮮の砲撃のせいか・・・って思ってたら
いざソウルに着いたら日本人だらけでした。w

殆ど遊ぶ時間も無く、過ごしてきましたが

ミョンドンには知り合いのショップ店員が居て夜に会いにいったりはしましたよ。
殆ど車で移動でしたが、電車にも乗りました。

この韓国の地下鉄が乗りにくい!!!!!

コレは日本人だから・・・では無く、当の韓国人も絶対に不自由な筈。
行った事ある人は分かりますよね?!
特にお年寄りは券売機の前でアタフタ・・・。
もうそのシステムに変わってから一年以上は経つのに、この前行った時も相変わらず
皆時間が掛かって大変そうでした。

知らない人の為に簡単に説明します。

まず、券売機のパネルにこんな風な表示がされています。

券売機.jpg


一応、下の方にタッチすれば日本語にも変換出来るようにもなっています…。

が…例え日本語に変換しても行列が出来てる状態では
それだけで焦りますわな。汗

この画面でまず、一回使用分の券を選択、次は何処の駅にするか
これは駅名やら番号やら幾つかの選択肢で選べますがこれが逆に分かりにくい
これを選択出来たらチケットの値段が判明します。(最初に値段から選択も出来ます)
次は何人分かを選択・・・で、お金を入れる
上手く行けばプラスティック製のカードチケットが出てきます。

チケ.jpg

このカードを改札機にかざして出はいりするんですが。
今回は改善率がかなりアップしていて困りませんでしたが
以前は反応しないので、無理矢理改札機を飛び越えて出て行く人やら改札の中や前で困ってる人が沢山いました。

で、何事も無く上手く行けば目的の駅まで行って改札を出た所にそのカードを返す機械があります。返すと保証金がチャリンって返って来るのです。

なんでまたあんなシステムにしてしまったのでしょうか。
日本のタスポの様に利権が絡んでたりするのかもね。

システム導入の大義名分としてはチケットの紙を無くしてエコだ!位かな・・・。

韓国にも電子カードを持ってる人が沢山いるし、それで改札を通れるシステムもあるので
行く行くは紙製のチケットは無くなると思うんやけどなぁ。

続きはありますが・・・忘年会で酔ってるから
続きは明日か!!!って元旦やな。汗

posted by Leach at 04:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

みじかっ!

今年もルミナリエの季節かぁ・・・と思いきや

ルミナリエ.jpg

え〜・・・ルミナリエもう終わってるん???汗

短かっ!!!

年々、開催期間が・・・

もっと一年を通して募金を集めるとか、お金がもっと落ちる様な工夫をしたら
逆に儲かると思うんやけどな・・・。

株式会社神戸って言われた時代はもう昔なんやね
井戸知事も全然アカンしな

東京のルミナリエの真似で始めたイベントはやっぱ
その辺も困らずに運営してるんかな?
と思ってネットで調べたらもうやってないっぽい感じですな・・・。
ミレナリオ(千年祭)ってのらしいが

ルミナリエは大震災への鎮魂って言う大義名分があるから意義があると思うけど
東京は単純に神戸のルミナリエが羨ましいから・・・的な感じで始まったんやと勝手に思ってるが、それがもしホンマなら節操が無い!って感じるね

自分のただの気のせいかもですが
初めて観た時のルミナリエと回を重ねて開催費用が苦しいと言われだしてからの
ルミナリエの電球の種類って変わってないですかね???
初めて観た時の感動が多き過ぎて良く見えただけなのかな
なんか電球のサイズが大きくなって電球同士の間隔が微妙に広がった様な気がするのは
俺だけ???汗

まぁ、ディズニーランドのシンデレラ城も始めて観た時の感動と二回目に観た時の差は凄かったけどね

「え???これやったっけ???」みたいな

橋下知事が頑張って大阪のイルミネーション化を図って、今年も光のなんちゃらっつう
言うイベントもやるみたいやけど

東京なんて、わざわざそんな事を謳わなくとも普通にイルミネーションでキラキ
ラやからな

下手したら、なばなの里も負けそうな感じやで

なばな.jpg

大阪は大阪ならではの何らかの方法論で戦わないと勝てないよ。

また皆の寄付金で通天閣を巨大化するとかしたいな・・・。

posted by Leach at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

冬になると

俺にとって手袋は必需品です。

毎年、冬になって手袋が必要になると
思う事があります。

「ガチャピンって凄いな!」ってね

手袋したまま、携帯弄っててたり
IPodとか弄ってたりして
全然上手く操作出来なくて

イライラ・・・。

そんな時、ぬいぐるみ着たまんまで色んな事をこなせる

ガチャピンって凄いな!

と・・・思ふ
posted by Leach at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

気になる

ソフトバンクのCM
あんまし好きやないんやけど

今回の彗星か何かが、ぶつかって来そうなCMは気になるな
posted by Leach at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

歯がキラリの続き

電動歯ブラシの話は終わってますが・・・。

前回の後半部分からの続きってか、それから思い出した話をば

自分が在阪企業を応援してるって話からの流れで

企業同士は常に市場の争奪戦をしています。
単純に考えれば巨大な企業には中小は太刀打ち出来ない。

今やその大企業は東京に本社をおいています。
ココ数年でも関西の大企業が東京に本社移転をしたケースを新聞やニュースで
見聞きしてはガッカリさせられました。

昔、大企業 VS 兵庫県の中小企業ってのがありました。

結果は兵庫県の中小企業の惨敗です。

その大企業は日本コカコーラです。
んで、兵庫県の中小企業は上島珈琲UCCです。

どういう内容で経緯か。。。

今や、もう誰もが知ってるコカコーラのジョージア缶コーヒーですが。
まだ日本コカコーラが缶コーヒーを発売していない時代のお話です。

缶コーヒーは有名ですが、上島珈琲UCCが初めて売り出しました。
調べたら、実はその何年も前に缶コーヒーを発売した会社が二社程あるみたいなんですが、それが不思議な事に発売して直ぐに倒産したり、発売停止に追い込まれたりして短期間過ぎて詳細不明なのです。
まぁ、初めてかどうかはさておき日本で大規模に缶コーヒーが売りだされて認知されたのがUCCである事は間違い無い事実です。

そしてその大ヒットの理由の一つに自販機の存在があります。

店舗展開するには企業としてはそこまでの力はなくとも自販機でなら全国展開が可能です。
しかもその時代は自販機もイケイケの時代。
今みたいに普及頻度が高いと飽和状態ですがね。

暫くはUCCの缶コーヒーシェアナンバーワン時代は続きます。

さぁ、そこでついにその市場に参入してきてのが日本コカコーラです!

幾らUCCがシェアナンバーワンとは言え企業力の差は歴然です。

何せ、自販機の量も断然コカコーラの方が上。そしてそんな時にコンビニが現れた!
当初はシェアナンバーワンのUCCの缶コーヒーもジョージに負けない売上を見せては居ましたが・・・ジワジワと王座を脅かされだします。

それが理由なのか、それ以前からの対策なのかは知りませんが

UCCが次の一手を打ちました!
なんとそれは大胆な方法です・・・そっちが缶コーヒーを出すならば!!!

と、なんとUCCが今度はコーラを出したのです。正式にはアメリカのジョルトコーラと提携して売りだした。
最初のテレビCMはあのビートたけしを起用して大々的に売りだしたのです。


jolt.jpg


が・・・・・

これが売れなかった・・・。

結果は現在を見れば分かりますね。

それに似た話では、任天堂の独り勝ちだったテレビゲーム市場に天下のソニーが乗り出した!

これもかなりヤバカッタみたいですが、ラッキーな事に任天堂はその直後、ポケモンが大大大ヒット!これで命拾いした訳ですね。
その後も、WiiにDSにと上手くやってます。

ですが、任天堂の独り勝ちだった頃は任天堂も結構な殿様商売をしてたみたいですね。(
根拠は・・・無い!汗)
そのせいか、ソニーのプレイステーションが出た時にゲームの制作会社がこぞってソニー側に来たんですからね。
ポケモンが無かったらきっと・・・また花札とトランプだけの会社に逆戻りだったのかもです。汗

今は日本国内の企業同士が争う時代ではなくなってきてます。

もう世界の企業との戦いです。

本当は在阪だの東京だの言ってる場合でもないのかもですが・・・

それでも大阪LOVEな俺は今日も何かを買う時に本社は何処かを調べて居るのでした。

posted by Leach at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

アディショナルタイム???

俺はサッカー大好きです。

が・・・するのが好きで
観るのはあんまし・・・なんですよね。
ワールドカップやら、アンダー20とかアンダー17の日本代表で世界選手権トーナメントの勝ち抜きが掛かってるって時や、最近ではドルトモントの香川が出てる試合なんかは積極的に観るんですが

プレイの方はヘルニアになってからの今では週一しかしてません
(それも芝居の稽古で行けない日も多し)
以前は必ず週3日はやってた程です。

元々は格闘技が大好きでサッカーを始めた理由も・・・
ピアノを弾くから・・・って事なんですよ。
短絡的にサッカーなら突き指とかしないかな?みたいな・・・
ですが・・・サッカーって見た目以上に格闘技なんですね〜。
結果的にはそのせいでハマりまくった訳です。

また大人になってから始めたので
下手クソなんですが・・・それがまた闘争心に火をつけるのです。

要するに差別の対象になる訳です。

下手な奴がプレイを失敗したら

「やっぱりまたか・・・」

成功しても

「偶然出来ただけ」

で片付けられる

中には良い場所にポジショニングしていてもパスをくれない奴もいたし
一旦、自分を確認してから違うパスコースを探す奴も沢山いました。
そういう奴ってパスワークに時間が掛かるし、無茶なドリブルで逃げ切ろうとする訳です。
時間が掛かれば敵の選手から詰められる
その時に切羽詰った状態の苦し紛れで制度の悪いパスを誰かに出す
その時に下手な人間がそのパスを取り損なったら
「やっぱりミスした・・・」とそいつが思う
自分のプレイのまずさを省みないで誰かのせいにする訳ですね。


自分はどっちか言うとそういう奴と競ってた感じです。

勿論、中には一切差別しないでパスもくれるしカバーもしてくれる奴もいます。
少ないけど・・・。
なので、そういう下手な人間にとっての天敵的な人間にアタックしてボールを奪ったり
裏をかいて振り切ったりすると快感なんですね〜。

観るよりプレイする事が好きって事で有名な選手もあんまし知りませんし
チームもワールドカップ関連で知ってる位です。
要するに一般レベルの知識しかありません。

サッカーのルールだって実は完璧ではないのです。

試合などで審判に指摘されて始めて知るって事も多かったりします。
チーム自体にコーチも居ないし誰も教えてはくれないので
自力で勉強するしかないんですが
そういう興味は無いんです。w
サッカーファンからしたら・・・はぁ?って感じかもですが。笑

それでも腰さえ治ればまた週に最低でも二回はヤリタイ!!!

題名にある通り・・・最近、サッカーの試合で

「 アディショナルタイム 」って言葉を聞く様になりました。

要するにロスタイムの事みたいです。

どうやらロスタイムって和製英語で海外では使って無いらしいんです。

とは言え・・・いきなり・・・アディショナルタイムなんて皆知ってるよね?的な使い方されても〜・・・・みたいな。汗

なんか急に呼び方が変わる事ってありますね。

今はパーキングで日本は何処でも通用しますが
大阪ではモータープールって言ってましたね。
これは東京では一切通じない言葉でしたし
世界的にも「は?」みたいです。汗
ガレージ・・・もまた違うし

昔は、キューリー婦人でしたが、今はキュリー夫人です。
アメリカのレーガン大統領も昔、俳優をしていた時代には日本でリーガンって呼ばれてたらしい。

英語をカタカナにするんですからそういう事が大いにあると思いますが
ロスタイムとアディショナルタイムはまた別もんですね。


前回の続きの話は次回です。w



posted by Leach at 06:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする