2012年04月15日

宣戦布告

ついに橋下市長が民主党に三行半を叩きつけました!w

けど、まだまだ維新側も態勢を整えきれていないと
思うけどね。
あちらこちらで失態を演じる人間も出て来てるし…。

自分の周りには「 アンチ橋下 」が沢山います。

一番は  感情的に嫌ってる? って印象
独裁者!!!ってイメージが強いからね

次には、 見下してる感じ
「 あいつは大した事ない! 」みたいな

その次は、橋下のせいでこうなった…的な被害者意識
なにせあちこちで予算削りまくりのすけですから。w

自分が感じるのはそんな所かな。

そういう時、自分は敢えて反論はしません。
自分が反論した所で何も変わらないんで…。笑

自分が維新に入ってでもいれば別やけどね


さて!原発です!

政府の方はもう再稼働に完全に舵を切りました。(元々やな)

原発って、その技術を既にベトナムなどに輸出してて
その辺でも国として責任が生じているし
大きな利権や既得権が存在してる訳です。

原発輸出ベトナム.jpg

自民も民主も兎に角、既得権を移動させる事が出来ない
ヘタレの集まりです。
勿論、その既得権の中にスッポリ自分も入ってるからですがね。

原発輸出計画.jpg
今後、これだけ原発の輸出を計画中?やばくない?汗

原発が存在する地元の人も
もう関電や国に金でガンジガラメにされてます。
沖縄と似たり!ですね。

今の日本の地方は国の助成金や交付金無しでは立ち行かないのです。
国の言いなりでないと生活が成り立たない。
ホンマあかんで!これは

東京、愛知、大阪らへんはまだそんな事ないけど


橋下市長がメディアで幾ら吠えても
このまま再稼働するのでしょうね。

夏の電力不足
ホンマ???

国もその辺ちゃんと突っ込んでないし
大阪には、詳細情報(信ぴょう性も含めた)を明らかにしない関電

ネガティブな情報だけを流して
原発という既得権を何とか死守しようとしてる感じしかしないな

直ぐに選挙でもあれば
我々にも意思表示が出来る機会が生まれるが
民主や自民はきっとこのまま逃げの姿勢で
ウダウダ政局して
この日本をより疲弊させるのでは
なかろうか…。

先日またまた、スマトラで地震来たし!
日本にも来るんちゃうん???
その時はどうなるん???

皆さん!!!
その辺の備えをしっかりと!ね!!!






posted by Leach at 02:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

トラスト・ミー!

鳩山元総理大臣

この人〜!!!!!
暴走機関車ですか?????

良い人なのかもですが・・・
正にお花畑の住人です。

世間の難しい成り立ちを無視して
思った事を言えば達成出来ると思ってる?汗

デューブスとインフルエンサーのフュージョン親父は
最強であり、最低であり、最害悪ですね。

鳩山元総理大臣0.jpg

なにをかいわんや

ですな。

ため息



posted by Leach at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

鼻毛

「 後の喧嘩を先にする 」って言葉があります。

後々、金銭面やら条件面での折り合いなどで揉めない為に
先に微妙な話の筋を通しておく事です。

これが出来て居ない連中がいます。

政治家です。

「 これだけは譲れない! 」と言う
信念があるなら、何故先にその話の詰めをしておかないのか?

今回の増税でもTPPでも小沢の好き嫌いでも
最初に詰めとけよ!!!
って事です。

自分の信条と合わないので
離党する

一見、立派な行動、毅然とした態度
の様に感じるけれど

自分から言わせれば
離党じゃなくて議員を辞めなさい!なのです。
特に小選挙区比例代表制ではそうなります。
国民は民主党、自民党員の貴方を選んだんですよ!
って事です。

昔の郵政問題の時も同じです。
方向性が気に食わないのなら自民を辞めるのではなく
議員を辞めるべきなのです。
どうせ、議員になる為に影で金一杯使って貰ったりもしたんやろうし
選挙では応援にも来て貰ったんやからね
当選する時にそんな力を借りといて

ナンボのモンやねん!

です。

小選挙区では、落選してるのに
比例で復活当選て…なにそれ…汗だく

そもそも、トコトン自分の考えと合っているのか?を

何故、詰めない?詰めれない?
のかって事です。

まぁ、ミュージシャンなんかのバンドでも
売れるまでは一丸となって頑張るけど
ワガママ言える立場になった途端に

「 音楽性の違い 」とか言い出して解散って事もあるので
それと似た部分なのかも知れませんが・・・。

今回、国民新党は亀井さんが離党して
党首が自分の作った党を離れると言う珍事になりました。

これまた、最初に人集めする時に郵政云々でしか
意見の一致を確認してなかったのか…って事です。
後は人数を確保して政党助成金が欲しい…の一点か。

亀井さんの「 離党会見 」で
カメラはこれ見よがしに 「 鼻毛 」を写していました。

バカボンのパパ.jpg
 (ここまで伸ばせば誰も文句は言いません)

マスコミの悪意を感じましたね。w
ホンマ、マスコミ嫌いやわ

それと同時に、寝癖や鼻毛を注意してくれる
側近やらブレーンが居ないのか?という寂しさも感じました。
一応、何十年と政治家をされてきて

亀.jpg

大物政治家の一人

な筈です。

そんな人の側に最低限の身だしなみのフォローをする人間が居ないという
この国の軽さ?浅はかさ?…どんな言葉が合うのかは
分かりませんが虚しいな

馬鹿にして笑うのは簡単ですが
そんな人達がこの国の舵取りを担って居るのだという
不安を自分達は感じるべきなのではなかろうか…

ため息



 
posted by Leach at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

タブー

人間に取って原発が手に追える代物なのか?

と言うと…もう完全に

「 手に負えないモノだった! 」

と答えがハッキリ出ました。

勿論、以前から「 高レベル放射性廃棄物 」
なるモノをどうするのか???と言われ続けています。
原発から出た最終的なゴミは
「 究極の厄介モノ 」と呼ばれています。

そう言われ続ける中…最終処分場や処分方法も見つけられず
なし崩し的に
臭いものには蓋…で、国も東電も保安院もこれまでやって来ました。
マスコミも数字が取れなくなれば、直ぐに違う話題に移るので
国民にもワイドショー的な幾つかの項目の一つ
というイメージでしか伝わっていません。

昨年の地震を受けて

国民の多くは原発NO!で一致は、すると思います。

ドイツ等は、電気会社が民間でどこの会社の電気を使うのかでの
選択肢があると言います。
そのせいもあり、直ぐに脱原発に進路変更しました。

日本はどうでしょう?
まだ何もまとまっていません。
単純に
「 物事を決められない政治家のせいだ! 」
とか言いますが

自分は違うと思っています。

ズルズルと話を先延ばしにして
また国民が違う話題に意識を向けた時に
先に書いた…なし崩し的、臭いものに蓋方式で
話を進めたいからだと思っています。

原発の耐震性やストレステスト云々についても
津波の話はタブーだったと言います。
事故等は、ハナから起こらないメルヘンな世界なのです。

さて!!!前回書きました。

原発.jpg
  (去年、会社でカニ食いに行った時に近くまで行きました。)


ぴかぴか(新しい)日本海に一杯ある原発も心配
またまた中国では日本にある原発の数なんて
足元にも及ばないレベルの数の原発を
今後ズラー!っと海沿いに並べていくらしいです。

昨年中国で起きた高速鉄道の事故の顛末を見せられた
我々に取っては
それだけで 「 脅し 」 ですよね。
あんな不始末しか出来ない国に何百機もの原発が
海沿いにポコポコ出来るんですよ!?
何かあれば…風に乗って放射能が日本中を覆います。

日本は手に負えない原発を辞めるべきだ!
原発に変わる有効なエネルギーが無い今
       経済やエネルギー政策的には必要だ!

に加え

中国の原発に何かあればどうする???

という心配も増えました。

自分も原発なんて辞めて
クリーンエネルギー分野に予算を多く割いて
日本は
これからの世界のエネルギー分野の旗手になれば良い!
と思います。
それが今後の日本に取っての生きる道!とも思います。

が…

原発を辞めたとすると原発に対する研究も終わります。
と言う事は、何かの事態に対応するノウハウも失くなります。
 (今回の地震でそのノウハウすらも無かった!
                と知ったけどね。汗)
自分達が一生懸命にクリーンエネルギーを開発して
安全な国造りに励んでも
あんな好い加減な国の原発に怯えながら生きなくてはなりません。

では、原発を辞めずにもっともっと研究し
        (研究する余地があるのかは疑問)
国内や他の国、主に中国で何か有った時
もしくは何かが起こらない為に
日本が率先して世界の原発の安全性を担保してゆく!
という方向

本当は、クリーンエネルギーの国になりつつも
原発については世界の原発の安全を担保出来る国になるのがベストですが

また、後者の方は日本に世界をリードして行くだけの
器量があるのか!?が重要です。
今の所、それ点だけでも実現不可能ですもんね。

今、テレビ新聞などでは
上記した内容での不安点を含めた議論はあまり聞けません。
恐怖感を煽った内容であったり
国が信用出来ない
東電はけしからん! で終わっています。
また、瓦礫処理でも放射能は含まれてません!と言っても
ヒステリックに抗議する連中ばかり


前に書いた様に本当の意味での
ストレステストに合格なんて出来ません。
合格する為には
「 核シェルターの中に原発を作れ 」というレベルです。
そんなモノは採算的に無理なのです。
飛行機などと同様に

「 何かあったら…諦めてね! 」

なのです。
飛行機に関しては妥協的にその事実を受け入れて
利用するのに
原発は無理と言う論理をしっかりと反対する側は持たねばなりません。

子供たちの為!は当然なのです。

今の日本は背に腹は代えられない状態です。
それをどう我々が受け入れて
今後の原発をどうするのか!?
を選択して行かなければならないのです。

国民が出来る事はまず選挙です。

少しでもマシな政治家を探す努力が
我々には足りていないのです。

理想と現実を如何に近いものにするか
は正しい知識と冷静な議論

根源は「 手に負えない代物 」に手を出してしまった
事にあるのです。
それは今の所、後世の人には過去の過ちとして捉えられる事に
違い有りません。
戦争と同じです。
それを今後どう後世に恥じない形で処理していくのか
が今我々に課せられた責務なのです。









posted by Leach at 03:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする