2012年09月17日

野蛮!

中国人は13億人いる

単純に考えれば、日本の13倍

善人も悪人も13倍
人間は環境に左右され
その環境には教育も含まれる

また、特殊なお国事情もある

現在の正確な数字は知りませんが
以前こんな記事を読んだ事があります。

全世界で死刑により処刑される人間の数が
一年間で5000人
その内の4500人が中国!
ってのを

数年前なんで今は知りませんがね。

ただ、そんな国やからって
パナソニックの工場を再起不能状態にするのはアカンやろ
「 愛国無罪 」ってなんですか???
国がバックで推奨してるのか、ガス抜きだ!とかの意見もあるが
中国の政治家が明らかに自国民にビビってる感じがしてならない
そういう意味では向こうの政治家の資質も落ちてるんかな。

大林組が中国から撤退するらしい
英断だ!!!

とはいえ、もう抜けたくても抜けれない
縁を切りたくても切れない企業や人も多いやろうね
俺も仲の良い中国人がいるしな

中国でも95%以上の国民は平和的な解決を望み
残りの5%以下の国民が愉快犯的に暴動を起こしているに過ぎない
そういう意味では
我々日本人も冷静ではあるべきですね。


とはいえ!

野蛮すぎる
幾ら大国でも
ここ数年で大コケするに違いない。

その時、我々日本への余波が最小限で済むように
人間も企業も脱中国へシフトチェンジを早急に図るべき

だしょ!?


posted by Leach at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

韓国

お騒がせの韓国へと先月末に行って来ました。

「 大丈夫やった??? 」と良く聞かれますが
全く問題はありませんでした。w

ただ、いつもと違って自分の心持ちが違っていたので
こちら側の視点が違っていましたね。

って事で、今回はそういう角度から色々と書きたいと思ふ


ソウルは地下街がチョロチョロあります。
梅田や難波ほどに大きくも無く、繋がっても居ませんが

商業用に作られた地下街と
地下鉄にそってほぼ歩くだけの為の地下通路とあります。

その地下通路の方に

DSCN0307.JPG
ちょいとボヤけてますが

人工光栽培野菜のディスプレイがありました。
日本でも話題ですが…。
韓国だって、地下鉄の通路でアピールしてます。
ボヤボヤしてたら、また抜かれるで。汗

この近くには竹島のジオラマもありました。
勿論、向こうではドクト…
アピールしまくり!(これはまた後日…w)

行きと帰りの飛行機が大韓航空機やったから、座席の前にある
テレビのエアーショーにも
DSCN0387.JPG
これもボヤけました。m(__)m

JALとか他の航空会社はどう表示してるのか
気になりますね。

続きましては明洞です。

DSCN0292.JPG
これは大阪に本拠があるEVISUジーンズです。
勿論!と言ってはオカシイが

偽物です。

韓国国内に60店舗ほどあるらしい。

明洞の街のど真ん中に恥ずかしげも無く堂々と営業してます。
しかも東方神起や2PMなどのタレントを起用して
宣伝もしてます。

向こうの言い分は
「 パクリではなく、影響?されている 」
らしいですよ。
中国的ですね。

法的に訴えても、埒が明かないみたいです。
最低・・・

トゲトゲしすぎたので
ここからは面白いモノで

数年前に明洞地区では間違った日本語表示を正そう!
と一大キャンペーンを張って、日本語表示の間違いが減った
筈なんやけど…なぁ…

けど今回は一杯発見しました。w

以前は良く日本人観光客向けに「 カラオゲ 」
とカラオケボックスの看板も沢山ありました。

DSCN0311.JPG
DSCN03112.jpg
牛の肉を食わして下さい!

DSCN03131.jpg
ンとソの違いがカナリ難しいみたいですね。w
正式には「 ワンダン カムジャタン 」で。
「 ン 」が全て「 ソ 」になってます。

DSCN0312.JPG
こういう看板も至る所にあります。韓国ビギナーには安心か…

DSCN03371.jpg
日本の情報もバッチシ!w
確かに魅力的!

これは仁寺洞のショップで
DSCN03541.jpg

DSCN03551.jpg
ここまで来ると、わざと???
と思ってしまうね。
まぁ、故意に出来るレベルを超えてるけど。w

これは間違いではなく
innsadondagasiya.jpg
仁寺洞の駄菓子屋さんです。
子供の姿は皆無やけどね。w

日本では34,35度とか言ってたけど
韓国は26度とかで過ごしやすかったです。

一杯問題はあるけど、感情的にはならない方がエエわな。

とか言いながらも
問題点をまた書くけどね!w


posted by Leach at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする