2012年12月23日

ローカルエレジー



森光子さんが亡くなり
連日、テレビでは追悼の番組などで
過去の功績が放送されていました。

(以下、敬称略)

時間ですよ
放浪記
ジャニーズとの関係

ありきたり・・・。

皆知っとるわ!
まぁ、知ってる事を
わざわざ、もう一度観たい人、聞きたい人も
多いとは思うけれど。俺もねw

残念な事に、ほぼ全部東京での話。。。

森光子が大阪に居た時代についての話は皆無

大阪の放送局でそういうのをやってくれるかな!?
と微かな期待はしてたけど自分は発見出来なかったです。
何処ぞで、やってたんなら教えて〜。

東京が意識しなくとも
大阪は東京をバリバリ意識します。

二番手、三番手のトップに対する ヤッカミ でもある
それが殆どかも知れない

とは言え
ほな、日本から大阪が無くなったら
どれだけの大きな個性が消えるでしょう・・・。
そんな日本・・・オモロイ?

あ!そんなん言いたい訳では無かった。汗

その森光子が
「 時間ですよ 」や「 ドリフの大爆笑 」
で、実に〈 間 〉の良い喜劇的演技をしていました。
自分も子供心に「 良い間をしてるなぁ 」と思って見てました。

その「 間 」や「 笑いの取り方 」は
彼女が大阪に居た時代に

195daimaru_1.bmp
いとこい.jpg

中田ダイマル・ラケットや夢路いとし・喜味こいし
ミヤコ蝶々・・・等々の
笑いの殿堂入りした歴代の天才達から学んだと
本人が言っていたと以前、テレビで聞きました。

森光子が上京し活躍しだすと
ミヤコ蝶々は物凄く腹を立てたと聞きます。
理由は単純に成功者へのヤッカミかも知れません。
自分的にはもう一つ・・・

「 良い才能がまた東京に取られる 」

と言うのがあるんやないか?と思います。

「 なんで皆、東京に行くんや 」

です。自分も同じ思い

蝶々.jpg

ミヤコ蝶々は天才です。
でも、東京に行かなかった
お呼びが掛からなかったのか
水が合わなかったのかは解りません。
また、その時代は東京に行かなくとも
大阪からでも十分全国制覇が出来た時代だったのかも知れないし
東京へのヤッカミも言う程、無かったのかも知れない
なんつっても、京都で殆どの映画が制作されるし
もっと昔に遡れば東大阪の長瀬らへんにも映画村があったとか
まだまだ大阪にも勢いが有ったんでしょうね
知らんけど(生まれてないし)(^^ゞ


後にビートたけしが何かの番組でミヤコ蝶々と絡らみ
その「 話芸 」に惚れた事があります。
会話で上手く一度、その気にさせといて
「 スカッ 」とハグラカス様に相手を落とす
言葉で伝えるのはムズいけど
あのビートたけしを短時間の絡みで翻弄したのです。
そして

「 蝶々・たけしの21世紀まで待てない 」
って番組が始まりました。

残念ながら、この番組は全然、面白くなかった
理由はミヤコ蝶々がビートたけしに遠慮してしまって
本領発揮をしなかったからやと思ってます。

自分はもう少しミヤコ蝶々が若かったら
上手く行ってたかもって思いますがね。
それかやっぱ水が合わなかったのかも・・・。

後年のミヤコ蝶々は足腰が弱くなり
明らかに森光子よりも衰えが目立つようになる
そして先に亡くなってしまいました。
その後年でも
老いゆく自分と森光子を比べ見て悔しがってたと言います。
凄い思い入れが有ったんですね。
一方の森光子の方は言わばヤッカマれる方なので
意識はしてなかったのかも知れません。

他にも
森繁久彌の事を松竹新喜劇の藤山寛美が
物凄く意識していたと聞きます。
これは何故だか自分は知りません。汗

森重久弥.jpg

森光子(京都)森繁久彌(大阪)
いすれも関西出身の人間が大阪から東京へ行き成功する
その人間へ大阪で活躍するスターが意識をする
という構図です。

勿論、その反対もあるでしょう

渥美 清.jpg
あの渥美清が
藤山寛美の芝居が大好きで
よく松竹新喜劇を観劇したらしい
そして奇しくも
その渥美清と森繁久彌は互いに認め合う仲だったとか。
不思議な巡り合わせって感じです。w

藤山寛美.jpg

桂枝雀に影響を受けた志村けんが枝雀が落語中に言う
「 どうもスビバせん 」や「 だっふんだ 」を
ギャグにして使ったという逆の流れもしっかりとあります。

参考URLだべ
http://www.asahi.com/kansai/mini-rensai/OSK200903040018.html

って感じで素人の俺がこんな話を書くよりも
もっと詳しくて、力のある人物が番組でも作ってくれたら

エエのにな









posted by Leach at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

今の日本と古代倭国



なんつっても、一番気がかりなのは
安倍晋三自民党総裁の体調です。

良い薬が出来たとの事で今は劇的に体調は改善した

と言われますが、その薬の効力が
一国の総理としての激務に耐えうる事が出来るのか???です。
その薬の効力が及ばなくなると
別のステロイド系等の体調に激しく
ダメージを与える薬に頼らざるを得なくらしいし
何やら完全に治療するには「 大腸全摘しかない! 」と
ネットで読んだんやけども!ホンマかいな!!!!汗だく

それは無理やろ!!!
ね!?(TдT)

首相になると
激務や孤独でストレスが凄く溜まると言います。

連日連夜、テレビ、新聞、ネットで叩かれ
身内からも足を引っ張られたり
冷ややかな対応を取られたりもする

自分が思うに
首相がそんなに忙しくて良いのか?!
って事です。

日本のトップなんでしょ?

って事は、その周りに幾重にもブレーンが
取り囲んでトップは指示をするだけで良い!

って事にはならないかね?

日本ってなんかいつまでも
間違った スポ根精神 が浸透してて

首相は激務
それに耐えられないとダメ

って皆が受け止めている

けども、安倍晋三自民党総裁の場合は
明白な持病があり、皆がそれを理解しているのです。
ならば、彼が極力、体力を損なわないメニューを
皆が考えてあげて然るべきではないのか?

マスコミも我々国民も人を追い詰める事が大好きです。

何故か、歴代の総理大臣もずっと馬鹿にされてる感じしかしない
確かに、出来が悪かったと言えばそれまでですがね

民主党でも、もしかしたら何年か後に

「 あの時、民主が打った布石が今活きてきた!!! 」

なんて言われる事が万に一つあるかも知れない

民主政権時には民主を応援する識者は
テレビに呼ばれなかったのではないか!?
とも思えるレベルで全員が批判しまくりでした。
確かに、鳩山、管の二人は贔屓目に見ても褒めどころが無いし
小沢は政治活動よりも裁判の方で手一杯

野田政権になってからも

原発のストレステスト、緊急安全対策が完了し
『 福島と同じ事故は起きない 』と判断

原発を再稼働させました。

これだけでも十分に重大な過ち?です。

この日本は首相の力が弱すぎるってのが
大きな一因ではあると思うけどなぁ。
結局、首相が決めた事でも誰も従わないって感じやしね
有るのは、解散権だけてか!?


また、重要法案を通す為に
総理大臣の首と引換に・・・みたいな
大昔の生贄システムみたいなのを好い加減変えろよ!

とも思うね

これじゃ、卑弥呼に笑われるよ





posted by Leach at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

持つのか!持たないのか!



前回の話の内容でもう答えは出た様なモノです。

が!

単純に割り切れればこんなに揉めないよね。


選挙でも殆どの政党が原発をいつかは廃止
と言ってます。
今後、政権を握る自民は
このまま、時間が過ぎるのを待って
国民の熱が冷めるのも待って
原発維持の姿勢です。

電気料金の上下に命が掛かってる
中小企業の人達も原発維持派でしょうかね。

どちらにせよ
それも国民が選んだ道です。

自分は原発は人間の手に負えないモノ
「 廃止すべきだ 」と思います。

ただ、前にも書きましたが
韓国や中国には沢山原発があります。

韓国も日本に似た状態で原発には 問題アリ まくりみたいです。
事故も沢山起こしています!

中国は今後何百機も海沿に原発を作っていくと聞きます。

毎年、黄砂で車が砂まみれになる日本。

ならば、中国、韓国で何かあれば
放射能も間違い無くこの日本を覆います。
その時、日本はどう対応するのでしょうか?
今回の選挙では全くその点に関しての話を
聞く事が出来ませんでした。
石原慎太郎が中国の原発に触れていましたが
違う趣旨で触れていました。

また、聞く側のマスコミにも問題がありました。
どの局も同じ事しか聞かない
「 皆、平等に聞かないとイケない 」
ので時間が取れない

みたいな事を言ってましたが
なら質問の内容の差別化を計れないのか!?

日本がもし原発を廃止したとします。
と、原発の研究も終わるでしょう。
仮に研究だけは続いたとしても大幅に予算は減ります。
予算の無い場所には良い人材は来ません。

原発を維持させている現在ですら
前回書いた有様です。
原発が無くなった状態の日本は放射能に対して
どう防御していくつもりなのか?!

もし!中国、韓国で原発事故があれば

「 諦めてね 」

なのでしょうか???

自分の理想は
原発は廃止
だが、放射能に対する防御を重点的に対策する為の
研究チームを作る

なのですが…正に

「 理想 」で終わるような話ですかね!?涙

原発を続けるならば

最低でもアメリカ並みの対応力と人材の確保が必須です。
兎に角、思考停止する様な人間は全員クビ!
国民の安全以外の利益優先へ動く人間もクビ!

今回の事故に関しては明らかに「 犯罪行為 」ですよね!?
なので!
罪にも問える形を取ること!!!

その上で上記した中国、韓国からの放射能汚染を
シミュレーションして研究する事。

です。

けども、原発は安いから
日本の電力会社は取り入れてるんですよね?

俺が今言った内容を 担保 すると
果たして! 安い のかな???

上記の内容を省いたままで運営してきたから
これまでの 安さ で済んでただけやないのかい???
原発のゴミ
高レベル性放射性廃棄物の問題だって
道は開けていないのに

また、事故が起きた場合の保証金額も考慮せずに来ただけでしょう?
上記した内容を鑑みると決して原発は安くはない
国としては核を保有する???為に
原発を維持していたいのか???

国も電力会社もその辺は建前だけしか
言わないからね
でも多分、上記した内容やと俺は思うね!

さて、俺がココで原発は持つな!と言っても
もう原発は維持の方向での政権が出来ます。

皆もこのまま時間に流されて
忘れてしまうのかな?
そして、また何か有った時に

騒ぐのかな






posted by Leach at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

原発を持つ資格と能力


果てして、この日本と言う国は

「 原発を持つ資格と能力 」が有るのか!?

答えはNO!と言わざるえない

東北の震災で原発に対する国や東電の対応は
お粗末でした。

※現場で命を掛けて動いていた人は別です。

震災当時、我々国民の多くは事の推移を
テレビの前でドキドキしながら
見守っていたでしょう。
自分もそうでした。

メルトダウンしたらどうなるのか?

結果的には、福島の原発1号機2号機3号機の全てが
メルトダウンしていました。
テレビでは、可能性はあるとしながら
誰も知りませんでした。

多少なりとも救われたのは
メルトダウンはしたが格納容器が爆発しなかった事でしょうか
建屋は爆発しましたが、格納容器は免れました。


一番、危険だったのが2号機だったと聞きます。
SR弁が機能しなかった事が原因です。
SR弁とは「 主蒸気逃がし安全弁 」の事
格納容器の冷却機能が失われた非常事態時に
使用されるモノです。

冷却機能が失われた際、格納容器内の圧力を低下させる必要がある

ですが、そのSR弁に重大な構造的欠陥がありました。

原因は
格納容器の中の圧力が高くてSR弁を開く事が出来ない
格納容器内の圧力が高くなると、その圧力に負けて
SR弁を開ける為の動力が足りないという悪循環です。

事故当時はその原因を誰も把握出来ずに
右往左往するだけでした。

因みに、福島の原発と同じ沸騰水型は
日本中に 26原発 あります。

その問題点を
国会事故調査委員会も東京電力の事故調査委員会も報告書に記載せず
その後も国、東京電力は十分な検証もせずのままです。

格納容器の破損、爆発と建屋の爆発とは別です。
我々がテレビで見た
建屋の爆発は水素爆発です。
一号機、三号機は建屋爆発はしたがベントが出来た為
格納容器は守られました。
ですが、容器内はメルトダウンしていました。

二号機はベントも出来ず
ついに格納容器の破損部分から放射能が大量放出しました。

※ベントとは
原子炉圧力容器や原子炉格納容器内の圧力が異常に上昇した場合に
SR弁などで内部の気体を排出し、圧力を降下させること。

格納容器破損、爆発を免れた
一号機でもSR弁を開ける作業が出来ずにいました。
原因はバッテリー不足
電源が無い為に現場では「 車のバッテリー 」
などを代用してSR弁を開けようとしていました。
ですが、現場にあるバッテリーでは電力が合いませんでした。

★物資手配をするが 必要なバッテリーは届かず

SR弁を開ける為に必要なバッテリーは12ボルト
原発から55キロ離れた備蓄基地には1000個余りありました。
その他、ポンプやら発電機なども多数あったと言います。

そこには
原発の事故現場に必要な物資が沢山ありました。
ですが物資は55キロ離れた所で足止めです。

原因は
「 放射能に犯された地域に物資を届ける仕組み 」
がない事です。

アメリカには州単位で物資調達チームがあり
各企業との連携もされており
放射能に侵された場所にも物資を届ける為の
防護服などが確保されています。

アメリカにはちゃんと
「 放射能汚染を前提に物資を運ぶチーム 」
化学防護隊などがあるのです。

アメリカは
「 原発がある限り事故は起こる 」
と言う考えが元となる

日本は
「 事故は起こらない 」

正に思考停止です。
この一点だけでも原発を持つ資格はありません。

当時、命を掛けて現場で作業していた方の
ドキュメントでの言葉です。

「 本来一番来て欲しい物が全然来ない
  何も無い中で何をしろと言うのか
  そこまで言うのも変ですけれど
  本当そういう感じでした。
  もしかしたら、これがあったら爆発しなかったかも
  って言う風に
  そういう事を言ったらキリが無い位に色々ある 」

と言ってます。

自分の素人知識で軽く調べただけでも
問題点はポロポロ出てきます。

ここまで書けば、日本に原発を資格があるのかないのか

なんて聞くだけ馬鹿らしいですね。

認識間違いがあれば
教えて下さいね。
即座に対応します。

さて、次回は

じゃ、どうする?

です。




posted by Leach at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

日本人は自民がお好き?


もう開票から早々と自民圧勝の絵が見られて
不謹慎な言い方やけど
面白く無かったね。w

小選挙区比例代表制ってのは
そういうモノらしいけど
こうも毎回、どっちかにドッ!と
票が流れるのって
見てて・・・気持ち悪いな

一番、危険なのは、これで自民党が
これまでの自分達の「 遣り方 」に

免罪符 を得た

と勘違いしてしまう可能性があるって事です。

唯一、ねじれ国会じゃなくなった事くらいかな
良かったのは(これも完全なネジレ解消じゃないみたいやけど
それも、次の参議院選挙までに自民が失政すれば
またネジれるかもやしね

とにかく!!!
ココでは何度も書いてるけど

莫大な借金を生ませたのも
いい加減な原発をアチコチに作ったのも
年金を崩壊状態にしたのも
社会保障を危機的な状況に追い込んだのも

全部、自民党政権下での話です。
政治家は官僚をしっかりと使いこなせてナンボです。
官僚をしっかりと監督し正しい方向へと
導くのが責任。

ですが、官僚には天下りだの何だので己らの保身を確保させ
その見返りに
自分達への利益供給の場を設けさせてきました。
殆ど、役人の仕事を監督する事なく
丸投げ状態

特に原発がエグい!!!!!

この続きは次回だぁ!!!!!

原発の話を書きます!

しんどいけど読んでね



posted by Leach at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月16日

責任追及!


ついに本日が選挙です。

今、必死で政治家達は我々に

自分達に一票を入れて下さい!

とお願いしています。

ですが、当選した暁に彼は 「 先生 」になります。
態度も変わる奴もいるしね
そんな大先生にならない政治家に一票を入れないと!w


また
小選挙区では落選したにも関わらず
比例で復活当選!するって
一体、どんな心境なんでしょうかね?

自分自身は支持されなかったから落選した訳で…。
なのに…議員になれた…。
その事実を受け止めた上で、その議員は
果たして選挙民や国民に為に頑張ろう!!!

と思えるのだろうか!?汗

と不安です。w

兎に角、政治家になったらば
しっかりと仕事をして欲しい!

マスコミも含めて
原発の廃止か継続か・・・。ばかり

その前に、何故、今の原発が活断層の上にあるのか!?
それを許可したのは誰か!?
を誰一人追求しようとはしない

責任を取らなくても良い
矢面に出る事も無い
そんな 無責任 なままで許される人間が
己の目先だけの利益を求めて
原発推進の一役を担ってきた訳です。

追求されたら困る人間は

政治家にも居るでしょう
官僚にも居るでしょう
経済界にも居るでしょう

「 想定外 」

という言葉で煙にまこうとしている
としか思えない

そう言えば、阪神大震災の時に露わになった
耐震偽装問題・・・。
アレも真相を追求する事なく

うやむや

になってませんか?

ソコを追求したら
日本全国で偽装が露わになり

《 土建業界に壊滅的な打撃を与える 》 
《 単純に手抜きか経年劣化などとの
         見分けがつかない 》
《 それを全国レベルで調査する為の予算
       マンパワーが足りない 》


いずれにせよ・・・国は
耐震偽装問題をウヤムヤにしました。
そして
国民も目出度く忘れてます。

先日のトンネルの天井部落下事故でも
「 民主のコンクリートから人への政策ミスだ! 」
とコジつける人がいますが
冷静に考えれば関係無い事が分かります。

そこもシミュレーション外の話なだけです。
または、後は野となれ山となれ的な発想で予算と期限に迫られた
土建屋がヤッツケの仕事をした結果です。
きっと心ある人は当時から警鐘を鳴らしていたのかも知れません。

例え、コンクリートへ予算が十分に割かれていたとしても
新しい道路やダムを建設する為の費用に
消えていただけでしょう。

震災の復興予算に群がるアリの様に…優先すべきモノよりも
力のあるモノへ金が流れて行くだけです。

今回のトンネル問題も誰一人責任の追求はありません。
法律的に当時まで遡って、犯罪者を罰する事は出来ない
とは言え
二度と同じ問題を繰り返さない為には
原因の追求、解明なくして解決策はありません。

ならば、責任の所在をも明確にする必要があるやないですか!?

我々、日本人はその部分の追求力が弱すぎやしませんか?

それが改善しない限り
いつまでも官僚支配
悪しき社会主義的な日本のままでしょう。




posted by Leach at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする