2013年10月01日

自分が幸せなら良い!



数年前にダメダメ自民からダメダメ民主に
政権交代がありました。

自民が国民に三行半を叩きつけられた理由

二大政党制が一番良い!
政権が代わる事で溜まった既得権を浄化する!
自民に目を覚まさせる!

理由は沢山有ったでしょう。

でも、一番の理由は

その政権下で自分は儲かっているか?

です。

極端な表現になりますが
国民、若しくは人間に取って
民主主義であろうが、社会主義であろうが
独裁国家であろうが

幸せに暮らせれば
何でも良いんです。

ちゃんと仕事もあって、家庭も持てて
家族が幸せに暮らせれば
制度なんて何でも良い

これまで自民党政権がずっと!長持ち
していたのは
自民政権下で潤っていた人間が沢山いただけの話です。

政権がひっくり返るのは
上手く行かなくなった人間や負け組になってしまった人間が
多いか少ないかの話です。

一時期、日本は一億総中流社会と言われていました。

日本人は大人しい国民です。
何も贅沢な要求はしません。
中流で十分なのです。
それがいつしか中流ですら居られなくなった人が増えたから
時の政権に責任追求が向いただけの話です。

今回の堺市長選で維新が負けたのは
今の堺に住む人達が変化を求める程に
生活に困窮していない証拠です。

多少の問題は有るにせよ
今、幸せに暮らせているのに
なんでわざわざ未知の冒険をする必要があるでしょう。

また、都構想では
堺の既得権が大きく移動する!

って事で
現在、美味しい思いをしている人間
必死ダッシュ(走り出すさま)

で頑張った訳です。

庶民も
アベノミクスで景気も上向きの様子が
みられる今
なんで変化を求めるでしょう。

俺はただそれだけの話しやと思っています。







posted by Leach at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする