2014年10月19日

現代人と昔の人



今、現在が一番発展している

ってのは当たり前の話です
じゃなきゃイケません


え?
今でも問題になっている事が
その当時から???


って話を
古い映画や歴史物を
見ていると発見出来たりします

先日観た
『 キングコング対ゴジラ 』1962年公開

51GFF9rVQWL.jpg

では

なななんと
温暖化問題を取り上げているでは
ありーませんか!w

えーーー????
温暖化問題って
昭和30年代から
ずーーーっと提起されてるんですか?汗
ってねw

現代に生きる自分達は
その頃の人達への印象を
昔の人
としか認識しないけれど
そう大して感覚的には
今とその頃と変わりはしない
って事なのかも知れません。

例えば

豊臣秀吉が大坂城に拠点を構え
天下統一を成し遂げた頃

その豊臣家に使える侍女に
御菊と言う人が居たらしい

その人がこんな事を言っています

今は平和が続く贅沢な時代である為
それに慣れた人々は満足する事がない


え???
これって今の日本人に対する
予言ですか???
って言いたい位に
感覚的には同じですよね

まぁ人間、時代は違えど
似た環境に遭遇すれば
感じる気持ちに
大差はない
と言う事なのでしょう

徳川家の世になってからは
300年もの間
日本は概ね平和でした
その間には
飢饉が起きたり
政権の腐敗が進んだり
平和の中に起きる問題も多々ありました

でも、庶民の間には
グルメブームがあったり
ダイエットブームがあったり
美容ブームがあったり
やはり今の日本人と大差がなかったり
するのです。

そういう意味を持ってしても
先人に学ぶ姿勢は大切ですよね。

それにしても
豊臣の侍女お菊の言った
言葉を良く噛み締めして
今の自分を見つめたいモノです。





posted by Leach at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

おいおいおい阪神さん!



なななんと
阪神が3連勝してまっせw

まぁ、これから
バタバタバターって負けるのが
阪神!って感じはするけどわーい(嬉しい顔)

もしかしたら
もしかするかもですやん!w

巨人が優勝しても
今の日本は盛り上がりません。

ここで
阪神が優勝でもしてもたら
ドカーン!
経済効果っちゅうのんが
上がるんやないですか???

ポテンシャル的には
大阪の方が
オリンピックでも
もっと盛り上がって
お祭り騒ぎが止まらない状態になると
思うんやけどね

景気の気は気分の気

今の日本は
東京が調子良くても
全国に波及する力はない!

けど
大阪が盛り上げれば
きっと日本が元気になる!!!

俺も思ってるんですよねー。

東京に住んでる官僚や政治家
大企業の上層部は
東京以外の都市が盛り上がって
経済を回すって事を
想像出来ないんでしょうねー。

まだまだ
そんな機運は感じませんが
いつか大阪が日本を
世界をリードするって
時代が来たら

エエなぁ・・・

え?
阪神は3連勝しただけで
話膨らみ過ぎ???
すまぴょん

(>_<)




posted by Leach at 03:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月17日

不思議



私は○○という言葉が嫌いだ!

という人が
たまぁ〜・・・に居ます

不思議です。

言葉は記号であり
道具でしかありません

ありがとう!

という言葉も使い方によって
正反対のイヤミな言葉にもなるし
心に染み入る言葉にもなる

愛してる!

って言葉でも
使い方によっては
憎しみが籠った
オトロしい言葉にもなる

要するに使う人間次第で
言葉は何とでも変化するのです。

言葉に罪はない

にも関わらず

私は「 努力 」って言葉が嫌い!

不思議・・・w


そしてまた

同じ言葉でも
その状況下によって
意味も違ってくる

浦和レッズのサポーターが
「 JAPANESE ONLY 」の横断幕を
北ゴール裏観客席入口付近に掲げた
差別的な行動

02237f30a562cd2857913638ac433d10.jpg

「 JAPANESE ONLY 」も本来は
日本語だけって意味合いが強かったのにね
もうネガティブなイメージのが
強くなってしまった・・・(>_<)

海外からの観光客が増え

「 外国人禁止 」という
張り紙も増えた

これも大きく二つに意味が別れる

一つは
正に差別的なモノ
( 自分は少ないと思うけど )

もう一つは
日本独自のルールを
理解出来ない
若しくは
理解する気がない

日本独自のルールを
知らない
知る気がない
って人が入って来られては
困る場合です

築地市場も一時期は誰でも見学出来たけど
ルールを守らない、知らない、理解しない
海外の観光客が多数押し寄せ

a41fa2b3b623cfa7bde63be518eeefb0.jpg

生モノを扱う市場なのに
潔癖が保てない

tukiji20081215234227484.jpg
仕事の邪魔になる
などなどの原因で

そういう表現になっているのです。

それは差別ではありません。

確かに
いささか説明不足の感は否めないが
じゃぁ、英語、中国語、他の言語で
これまでの成り行きを一々説明する文章を
築地側が作って皆の目に付く場所に
掲げなければならないのか?

そんな手間をかける暇も金もないでしょ
って事です


イエモンのJAMって曲の中で

外国で飛行機が堕ちました
ニュースキャスターは嬉しそうに
乗客に日本人はいませんでした
いませんでした 
いませんでした
僕は何を思えば良いんだろう
僕はなんと言えば良いんだろう

ってのがあります

素晴らしいって評価です。

でも自分は

いやいやいや!!!
テレビには放送時間ってのがあり
一分一秒にも物凄い金が
掛かってるんやからーーー
って思うワケですよ

多くのニュースの時間は
大抵が10分以内だったりする
その短時間の限られた制限の中で
如何に必要な情報を伝えるか
なのです

日本人による日本人の為の
日本のテレビ局のニュースで
一番最初に伝えるべきは
日本人の安否でしょ?!
そりゃーーー時間にゆとりがあれば
アメリカのどこそこに住む誰々さんが
亡くなりました・・・
ってのも言えるかもね

でもそんなの
ニュース専門チャンネルでもせんわ!

しかも

ニュースキャスターは嬉しそうに

って何処のテレビ局の
どのアナウンサーですか???
まるで全アナウンサーが
日本人さえ助かれば
何処の国の人間が犠牲になっても
良いって言ってる感じですよね?

確かに
歌詞の中身に説得力を持たせる為には
悪者が必要なのかも知れません
ですが!
ちとデフォルメしすぎでしょ・・・。

あの歌詞から

人は平等であるべきだ!

なんて意味合いを感じ取れる人が

不思議・・・w








posted by Leach at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

おとな子供



広島の方で
長男(2)と妻(29)にエアガンを
発射して怪我をさせたとして
夫(25)が傷害の疑いで逮捕されました

どうせ直ぐに出て来るんやろうから
この後が心配ですね(>_<)

虐待暴力などの
こういう事件を見ると
やったそいつを
同じ目に遭わせてやりたい!
と思うのは俺だけでしょうか?

アメリカのとある州では
スプレーなどの落書き犯を捕まえたら
そいつに他の人間が描いた
落書きを消す罰を負わせるそうです

落書きされたら
被害者側に
どれだけの労力と精神的苦痛が
生じるのかを身を持って
理解させるためにです。

日本にはそんなん有りません。
落書きするのは
殆どが、10代のガキなんで
そういう連中は少年法で
保護されてるんで
被害者の気持ちを多少なりとも
理解出来るかも知れない
そういう体験もしません。

昔、あのヒトラーが

「 東の果ての小さな島に子供だけの国が出来る 」

と予言してたらしいけど
正に日本はそれに向かって
まっしぐら!ダッシュ(走り出すさま)
じゃないですか???

体は十分に大人になってるのに
脳みそは未成熟なまんまの子供

広島の事件は
正にそれを絵に描いた様ですね。

あぁーやだやだ



さて、昨日の続きを少しね

大河ドラマの軍師官兵衛

主人公が官兵衛なので
官兵衛がどれだけ凄いかを
表現してナンボです



とは言え

そーかー???

と思う所が多々あったりします。

その中の一つに
秀吉が中国の毛利攻めを行った際
毛利方の清水宗治の守る城を
水責めにしたのですが
それが
官兵衛の考え出した案だった
みたいな感じで表現されていました。

流石!官兵衛!
みたいな・・・ね



その戦法を秀吉は
官兵衛が秀吉の軍師になる
もっと前に使用してるんですよ

信長の命で
浅井長政の小谷城を攻めた時
城の周りに土塁を築いて
水攻めをしているのです。

史実に残っている物では
それが最古らしいので
この時に秀吉は
水攻めや兵糧攻めを
得意としだしたと
考えられるのですよ

他にもあるけど
これ以上は細かいので
止めとこーーーw

それにしても

今の日本に
体が大人で
脳みそが子供の

おとな子供は
一体、どれくらい
いるのだろうか・・・。



posted by Leach at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

官兵衛



自分はテレビドラマを殆ど観ません。
ですが、黒田官兵衛が好きなので
今回の大河ドラマは見ています。

大河ドラマの題材は
大抵が
実在の人物であり
史実も残っているので
作家側が
あまりに想像を飛躍させたり
強引な方向に自分の思いを入れ込むと
批判も多いと思います。

黒田官兵衛などは
戦国時代が好きな人にとっては
超メジャーな存在ではあるけれど
その時代に詳しくない人には
聞いた事ある様な無い様な・・・
ってレベルの存在なのかも知れません。


例えば
原作となる小説が
映画化された時に
自分の想像と全然違う
キャラクターや話の展開に
ガックリ来たり怒りまで
込み上げてくる場合があります。

もっと分かり易い例で言えば
サザエさんやドラえもんに
登場するキャラクターの
声優さんが変わるだけで
物凄く違和感を感じたりする訳です。

なので
今回の大河ドラマでも
自分は違和感を感じ捲くりですw
俺よりももっと詳しい人なんか
見てられないかもねw

一番は主役の官兵衛ですが
俺の中の官兵衛はもっと
洒落の効いたやり手です。

大河の官兵衛は
超真面目野郎過ぎ!!!
まぁ、そこは仕方がありません
自分が納得する官兵衛は
自分でしか書けませんからね

こういう歴史物で一番嫌なのが
史実的にはっきりしている事を
登場人物のセリフに入れてしまう事です。

次の戦いで死ぬキャラクターに向かって
「 死ぬなよ! 」
とドラマティックな表現なんか
されたら

クッサーーーーって感じです。w
割とそういう事を平気で書ける脚本家が
多いのがマジで嫌です。w

今回の大河ドラマの一番嫌な部分は
石田三成を相当な悪役
したてあげている所です。

確かに、石田三成は官僚的で
融通が効かず、告げ口的な形で
他の秀吉子飼いの武将達の行為を
秀吉に報告していたので
加藤清正、福島正則、黒田長政などの
武功派には疎んじられ嫌われていました。
残っている史実にも
確かに嫌われても仕方がないな!
って思う部分も大いにあります。

ですが

盲目の武将、大谷吉継との関係などでは
他の武将には真似の出来ない
立派な男気を見せてくれます。
戦国時代が好きな人には有名な美談です


それは
諸侯を集めた茶会でのエピソードです。
普通、茶会は1体1
多くても二、三人ほどの少人数で
行う物ですが
派手好きの秀吉の趣向に習って
度々大人数の茶会が催されていました。
流儀なのか作法なのか知りませんが
主人が立てたお茶を
皆で順に回し飲みをするのが
その時の習わしだったようです。

盲目の武将大谷吉継は
当時で言うライ病でした。
今で言うハンセン病です。
皮膚はただれて
常に覆面の様な頭巾を被っていたと言います。
お茶が諸侯の前を準々に回ってきます。
それを皆が回し飲みをしていましたが
大谷吉継の前に来た時
その茶の中に
吉継が鼻水を垂らして
しまったのです。
それを見た諸侯達は飲む振りだけをして
次々にお茶を回して行きます。
ところが
三成の番になった時に
そのお茶を一気の飲み干した!と言います。

20090507shi-ho.jpg

これ出来ます???


ライ病は感染しないと知られた今の時代でもきっと
俺も含めて皆もその時の諸侯達と同じ行為をするでしょう
まぁ、この話は豊臣秀吉がやったって方が
どうやら事実みたいですけどねw

どちらにせよ
三成と吉継は相があっていたのか
三成にとっての吉継は大切な腹心で
関ヶ原の合戦でも一緒に戦っています。

三成が関ヶ原の戦いを吉継に相談した時に

吉継は

「 お主は日頃から皆の都合の悪い事ばかりを上様に言いつけて来た。なので皆に嫌われている、もしお主が西軍の大将となれば誰も味方にはついてくれないであろう。よって毛利輝元を総大将にするべきだ!」

とアドバイスしたという話も残っています。

yoshitsugu240cb.jpg
吉継は輿に乗って戦場では采配したと言います

今の所、大河では三成の良い部分が全く皆無です。
作者が嫌っているのかも?w

これがもし
三成が関ヶ原で家康に勝っていたら
こんなに悪くは書かれていないでしょうね
全ては関ヶ原で負けたせいなのでしょうが

あんな視聴率の良い大河で
あんな風に書かれたら
石田三成の印象が
最悪になるでしょうねー。

なんか日本が戦争に負けて
一切、反論も出来ずに戦後を
生きてきて戦勝国でもない
中国や韓国の作り話に
反論出来なかったって
流れに似てるって話の持って行き様は
こじつけ過ぎですか?w

三成も日本も勝ってればねーーー。

posted by Leach at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする