2015年09月19日

ポチじゃねーから!



今回の
集団的自衛権行使容認を含む
安全保障関連法案に
自分は仕方なく賛成です。くどい?w

前回書いた内容と
併せて読んで頂きたいダッシュ(走り出すさま)

日本がアメリカの核の傘の下で
守られている限り
平和です
(とりあえずね)

その代わり
日本はアメリカに逆らえません

とは言え
これだけは絶対に
現政権や今後の政権が
変えなくてはならない事
あります。

それは日米地位協定です

アメリカ兵日本人
殺しても犯しても
日本側罰する事が出来ない

罪を犯したアメリカ兵
自国に帰って
穏便に済まされる

こんな協定
この21世紀に許されますか???

それが正に
日本はアメリカのポチと
呼ばれる最骨頂です
これだけは自分は妥協出来ません
これだけは毅然と日本人は
断固、アメリカに意見すべきなのです

勿論、変えるべき事柄は
他にも沢山ありますが
まず、いの一番に
それを改善すべきです

また
今回の法案が可決された
暁に
自民党が今回、説明していた事象と
違う流れになった時
我々は
絶対にそれを
許すべきではありません。

但し、マスコミが
偏った報道をせず
間違った情報を流さない
という前提が必要ですがね
今のこの日本はその部分が
極めて怪しいから
ホンマに困ります


もう一つ
漫画家の小林よしのり氏も
今回の法案には反対です
学生団体「SEALDs(シールズ)」とは
また違う視点、論点で
反対です

自分も大まかな内容では
彼の意見に賛成なのですが

幾つか違うモノの中の一つに

中国が今直ちに責めて来るのか?
来ないでしょ・・・

だから、今回の法案は必要ない

と彼は言っています
(他にも様々な反対理由を言っています)

なので、中国が
責めて来た時に法律などを
変えて現行法にて
対応すれば良い


というモノです。

自分は違います
そんな急場での対応こそ
間違った選択をしかねない

仮に中国が尖閣諸島などに
武力で介入したり
日本と接触して
日本人側に
犠牲が出た
りした時に

一気に
右側にこの日本が傾く危険性
感じるからです。

やっぱ
直ぐに頭に血が上って
短絡的な考え
誤った方向へ走ってしまう様な
人間が国の中枢にいるかも知れない

ですからね

そういう意味でも
様々なシミュレーションを重ね
そういう急場でも
冷静な対応が出来る様にする事が
重要であると思うのです。

ですが
それが今回の法案であるのかは
正直、まだ解りません

それは幾ら説明されても
実際に法案が施行されて
動き出さないと
何も解らないからです

自分はその解らない中で
先に書いた様に
戦争を抑止する為に
この法案を上手く活用すべし!
と言う答えを出しました。

仕方なく賛成している自分は
その部分を今後も注視していくしか
ありません。








posted by Leach at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

俺も戦争反対です!



あぁ、マスコミは
いつまで偏った報道
続けるんでしょうか?

今回の法案成立反対への
デモに参加している人達は
声高に
「 戦争反対!戦争反対!
と叫んでいます。

あのー
法案に仕方なく賛成の
俺も戦争反対ですよ?


でも彼らは
この法案に賛成する人間は
戦争をしたがっていて
そして
自分たちだけが丸で
平和を愛していると
考えているかの様に
自分には見えます。

マスコミは都構想の時と同じ様に
印象操作偏向報道
しかしていません

毎日、毎日
丸で日本中の人が
この法案に反対しているかの様に
報道し
反対論者の言葉しか
ほぼ伝えていません。

テレビで両方の考えを
冷静に交える機会や時間は
十二分にあった筈やのに
全く見かけませんでした・・・

見てないの俺だけ???

都構想の時も
解らない
もっと説明をすべき
等の
懸念不安
煽る報道ばかりで
本来の役割を果たしたとは言えないでしょう。
んで
反対派の対案に関しては
スルーでしたしね

今回のこの法案に対する
反対者の対案めいたものは
ほぼ聞けません

そもそも憲法9条が
どれだけ世界中の人々に認知
されていると
思うのか?
一回、調べて欲しいですわ

勿論、憲法9条自体の
意義は物凄く重要です。

が、現実的には
アメリカの核の傘の下
この日本が
居るからこそ
中国やロシアが責めて来ないと
言う事実と重大性を
反対派の人々は考えないんでしょうか?

中には
中国やロシアは絶対に責めて来ないとか
思ってる
お花畑の住人もいます

そして
我々がアメリカの核の傘で
守られているいる限り
アメリカには逆らえない
というのが現実です

じゃぁ、日本が
アメリカの
間違った姿勢、政策に堂々と
異議を唱えるには
どうすれば良いのか!?

日米安保を解消し
米軍に日本から
出て行って貰うしかないんです

そして自国の事は自国で
守れる国にならないと
アメリカと
対等な立場にはなれないんです

それで
米軍が沖縄や本土から
居なくなった途端に

フィリピンみたいに
中国から侵略されるんです
ロシアも北からまた
同時に来るでしょう

それを自力で何とか
しようとなったら
正に今
反対派の彼らが
声高に叫んでいる
戦争が間近に迫るんです。

そして徴兵制度も
現実味をおびるでしょう。

また
今回の法案そのものが
憲法違反だ!

と言われています

それならば
自衛隊も憲法違反でしょ?
日本では自衛隊ですが
海外で紹介される時は
Japan Self-Defense Forces
ですよ
自衛隊は軍隊ではない???w
Forcesって軍隊ですよ?w

そんなロジックで
そのままスルーしているのは
日本人だけで
海外で自衛隊は軍隊じゃぁない!って
言っても笑われるだけでしょw

また
一票の格差問題でも
違憲と判断されています。

そういう考えに基づくと
今の政府自体が違法なのですw

ですが
我々日本人はそんな自衛隊が頼りですw
先日も
大いに存在意義を発揮してくれました。
違憲な政府w
も我々は受け入れて居ませんか?
それこそか現実的な対応でしょう。

確かに理想は必要です
改善すべきは改善し
より良い制度改革を繰り返し
都度、改善していくべきです。

自分も最初に
法案に仕方なく賛成
と書きました

自分もアメリカと対等に
この日本が意見を言える国になって欲しいし
アラブ諸国をめちゃめちゃにしてしまった
アメリカを筆頭とする
西洋諸国に意見が言える国になって欲しいです。
(それを言ったから過去戦争になったとも言えますがね)

でも現実は違います
アメリカの核の傘の下で
守られた上で
この
日本の平和は維持されているんです

そして
戦争なんてしたくないし
徴兵制なんて無理っ!!!

と今の日本人の殆どは思ってますよね?

それを維持するために
自分は
この法案に仕方なく賛成なのです。

世界情勢は
日々変化しています
その都度、上手く
臨機応変にこの日本が
対応していかないと
生き残る事は難しい

この法案がもし
上手く機能しなくなった時に
次なる手を打てる様に
まともな政治家を
我々は選挙で選ばないと
イケ無いのです




posted by Leach at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

上も舌も二枚?



沖縄の翁長知事と
自民の菅義偉官房長官の
基地移設に向けての集中協議が
決裂しました。

全ては鳩ぽっぽのせいなのですがw

そんな事言ってても
解決しませんから
沖縄の人たちに
少しでも納得してもらう
努力をするしか無いわけです。

沖縄に多大な基地負担を
強いている我々本土の人間は
素直に感謝と申し訳ないと言う気持ちを
持つべきでしょう

つか、殆どの人が
持ってますよね?!

そういう意味で
本土の人間は沖縄に対して
引け目を感じている
と言えます

とはいえ
ある物事に対する捉え方や考えが
間違っているんじゃないですか?
って思う部分を
その引け目と一緒に
自分の中に
飲み込んでしまうと

従軍慰安婦問題などに
代表する過ちを
繰り返す事になってしまいます
言うべき事は言い
意見を闘わせるべきは
しっかりと闘わせるべきなのです。

辺野古への基地移設で一番の
反対意見は自然破壊です。

珊瑚が死んでしまう
ジュゴンも可哀想だ!
ってね

でもでも、じゃぁ

那覇空港滑走路増設事業

の方はなんか
シレっと進めてませんか???
写真で見れば一目瞭然ですが

06d08215191dd3874645b4a5e216db261754875b1427244021-s.jpg

それなら
この滑走路増設も
めちゃめちゃ自然を破壊してませんか?

翁長知事さん?

二枚舌なんですか?貴方・・・。

上の方に二枚重なってるのは
知ってますけど
舌は一枚でしょ???

反対運動に躍起になってる
沖縄県民以外のプロ市民も
沖縄のマスコミも
そっちに関しては
えらく静かですけど何で???

それに米軍に土地を貸してる
土地持ちの人の一部は
東京のヒルズとかに住んでるって
話を勝谷 誠彦が
以前、テレビで言ってましたが
ホンマでしょうか

本当に気の毒なのはそういう
恩恵にも預かれない沖縄の人だと
思います。
きっと同じ騒音や危険な状況下にあるのに
数メートル離れているから
保証の対象外だとかね

因みに、自分は
沖縄の人は凄く
純真で素敵な人々だと
心底思ってます
まだ二回しか行ってませんが
初めて行った20代の時は
その純真さにカルチャーショックを受けて
自分の不純さが嫌になったほどです。

そういう経験をしたので

ヒステリックに
反対運動しているのは
沖縄県外の煽動家と
極々一部の沖縄の人でしかないと
思っています。

殆どの沖縄の人は
もっと安全になって
本土や海外からの
旅行客も沢山遊びに来て
沖縄が栄えるようにしたいって
思ってるのだと
考えていますが
それは間違いなのでしょうか・・・。

勿論、過去に起こった
不幸な出来事が
沖縄の人たちの心の傷になっており
それが癒えない人も沢山いる事も
知っています

また

チャイナマネーが
政治的な部分に
深く浸透して来ている
という事実に危機感も抱いています。

翁長知事さんはその辺大丈夫な人ですか?
貴方は一体
何がしたいんでしょうか?

彼の心が向いているのは
沖縄の人々?
それとも中国?

言動や対応を見ていると
信用出来なくなります。

反対するのは良いけれど
ダブルスタンダードは
駄目でしょ−?

そこに違和感しか
感じませんでーーー。

posted by Leach at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

ガンダム早く!!!



いやー台風が温帯低気圧に変わって
そこへ秋雨前線が重なって

関東、東北は
エラい事になりました。
まだ引き続き警戒と救助が
必要な状態です。汗

テレビでも前の日から
「 記録的な雨になる 」
「 早めの避難 」
「 想定外 」

と伝えられていました。

それでも現実
人の危機感よりも早いのですね

今回も
自衛隊の人々が
大変頑張ってくれました。

ホンマ彼らにこそ!
高給を支給して欲しい


実際には
現場で働く自衛隊員よりも
背広組の役人の方が数倍金取ってるからね
しかも天下りのね

それと
今回の救出劇を見ていて
感じたのが
災害時などに
もっと素早く対応する事の出来る

機械を作って欲しい!
って事です。

我々、人類は
原発にしろ
巨大な船にしろ
高層マンションやタワーにしろ

作るという技術は
手に入れました


その作ったモノに
事故が災害が襲った時
どう対応するのか!?という
問題が放置気味もしくは
遅延気味じゃないですかね

韓国のセウォル号も
いつまで経っても
手をつける事が出来ませんでした

先日、起こった
サンフラワーフェリーでの火災事故でも
ずーーーっと鎮火させる事が
出来ませんでしたね

今回の救出劇も
テレビで見ながら
もっと早く安全に助け出す方法は
ないものか・・・と気をもみました

命がけで
救出してくれていた
自衛隊員の方には
感謝の気持ちしかないですよ

もうテレビや映画で凄いSFXを
見過ぎているせいで
ソコへ凄い乗り物やロボットが現れて
ササッ!と人を助け出す!
みたいな・・・

ですが現実は
今日、テレビで見た
あの救出方法しか
ないのか・・・。

自然が人知を超えた
存在である事は
百も承知ではありますが

頭の良い人!
災害時に人を救出する為の
凄い機械や乗り物を
考え出してくれーーー!
そして世界からの
絶賛を得て欲しい!

期待してますぜ!






posted by Leach at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする