2015年09月12日

上も舌も二枚?



沖縄の翁長知事と
自民の菅義偉官房長官の
基地移設に向けての集中協議が
決裂しました。

全ては鳩ぽっぽのせいなのですがw

そんな事言ってても
解決しませんから
沖縄の人たちに
少しでも納得してもらう
努力をするしか無いわけです。

沖縄に多大な基地負担を
強いている我々本土の人間は
素直に感謝と申し訳ないと言う気持ちを
持つべきでしょう

つか、殆どの人が
持ってますよね?!

そういう意味で
本土の人間は沖縄に対して
引け目を感じている
と言えます

とはいえ
ある物事に対する捉え方や考えが
間違っているんじゃないですか?
って思う部分を
その引け目と一緒に
自分の中に
飲み込んでしまうと

従軍慰安婦問題などに
代表する過ちを
繰り返す事になってしまいます
言うべき事は言い
意見を闘わせるべきは
しっかりと闘わせるべきなのです。

辺野古への基地移設で一番の
反対意見は自然破壊です。

珊瑚が死んでしまう
ジュゴンも可哀想だ!
ってね

でもでも、じゃぁ

那覇空港滑走路増設事業

の方はなんか
シレっと進めてませんか???
写真で見れば一目瞭然ですが

06d08215191dd3874645b4a5e216db261754875b1427244021-s.jpg

それなら
この滑走路増設も
めちゃめちゃ自然を破壊してませんか?

翁長知事さん?

二枚舌なんですか?貴方・・・。

上の方に二枚重なってるのは
知ってますけど
舌は一枚でしょ???

反対運動に躍起になってる
沖縄県民以外のプロ市民も
沖縄のマスコミも
そっちに関しては
えらく静かですけど何で???

それに米軍に土地を貸してる
土地持ちの人の一部は
東京のヒルズとかに住んでるって
話を勝谷 誠彦が
以前、テレビで言ってましたが
ホンマでしょうか

本当に気の毒なのはそういう
恩恵にも預かれない沖縄の人だと
思います。
きっと同じ騒音や危険な状況下にあるのに
数メートル離れているから
保証の対象外だとかね

因みに、自分は
沖縄の人は凄く
純真で素敵な人々だと
心底思ってます
まだ二回しか行ってませんが
初めて行った20代の時は
その純真さにカルチャーショックを受けて
自分の不純さが嫌になったほどです。

そういう経験をしたので

ヒステリックに
反対運動しているのは
沖縄県外の煽動家と
極々一部の沖縄の人でしかないと
思っています。

殆どの沖縄の人は
もっと安全になって
本土や海外からの
旅行客も沢山遊びに来て
沖縄が栄えるようにしたいって
思ってるのだと
考えていますが
それは間違いなのでしょうか・・・。

勿論、過去に起こった
不幸な出来事が
沖縄の人たちの心の傷になっており
それが癒えない人も沢山いる事も
知っています

また

チャイナマネーが
政治的な部分に
深く浸透して来ている
という事実に危機感も抱いています。

翁長知事さんはその辺大丈夫な人ですか?
貴方は一体
何がしたいんでしょうか?

彼の心が向いているのは
沖縄の人々?
それとも中国?

言動や対応を見ていると
信用出来なくなります。

反対するのは良いけれど
ダブルスタンダードは
駄目でしょ−?

そこに違和感しか
感じませんでーーー。

posted by Leach at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする