2015年09月19日

ポチじゃねーから!



今回の
集団的自衛権行使容認を含む
安全保障関連法案に
自分は仕方なく賛成です。くどい?w

前回書いた内容と
併せて読んで頂きたいダッシュ(走り出すさま)

日本がアメリカの核の傘の下で
守られている限り
平和です
(とりあえずね)

その代わり
日本はアメリカに逆らえません

とは言え
これだけは絶対に
現政権や今後の政権が
変えなくてはならない事
あります。

それは日米地位協定です

アメリカ兵日本人
殺しても犯しても
日本側罰する事が出来ない

罪を犯したアメリカ兵
自国に帰って
穏便に済まされる

こんな協定
この21世紀に許されますか???

それが正に
日本はアメリカのポチと
呼ばれる最骨頂です
これだけは自分は妥協出来ません
これだけは毅然と日本人は
断固、アメリカに意見すべきなのです

勿論、変えるべき事柄は
他にも沢山ありますが
まず、いの一番に
それを改善すべきです

また
今回の法案が可決された
暁に
自民党が今回、説明していた事象と
違う流れになった時
我々は
絶対にそれを
許すべきではありません。

但し、マスコミが
偏った報道をせず
間違った情報を流さない
という前提が必要ですがね
今のこの日本はその部分が
極めて怪しいから
ホンマに困ります


もう一つ
漫画家の小林よしのり氏も
今回の法案には反対です
学生団体「SEALDs(シールズ)」とは
また違う視点、論点で
反対です

自分も大まかな内容では
彼の意見に賛成なのですが

幾つか違うモノの中の一つに

中国が今直ちに責めて来るのか?
来ないでしょ・・・

だから、今回の法案は必要ない

と彼は言っています
(他にも様々な反対理由を言っています)

なので、中国が
責めて来た時に法律などを
変えて現行法にて
対応すれば良い


というモノです。

自分は違います
そんな急場での対応こそ
間違った選択をしかねない

仮に中国が尖閣諸島などに
武力で介入したり
日本と接触して
日本人側に
犠牲が出た
りした時に

一気に
右側にこの日本が傾く危険性
感じるからです。

やっぱ
直ぐに頭に血が上って
短絡的な考え
誤った方向へ走ってしまう様な
人間が国の中枢にいるかも知れない

ですからね

そういう意味でも
様々なシミュレーションを重ね
そういう急場でも
冷静な対応が出来る様にする事が
重要であると思うのです。

ですが
それが今回の法案であるのかは
正直、まだ解りません

それは幾ら説明されても
実際に法案が施行されて
動き出さないと
何も解らないからです

自分はその解らない中で
先に書いた様に
戦争を抑止する為に
この法案を上手く活用すべし!
と言う答えを出しました。

仕方なく賛成している自分は
その部分を今後も注視していくしか
ありません。








posted by Leach at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする