2016年01月02日

外務省が国を売ったのか…。



あけましておめでとうございます。

本年も矢野をヨロシクお願い致します
m(_ _)m

新年一発目から
なかなか過激な話です



もしかしたら
今回取り上げる内容が
将来の我々日本人の子孫達
大きな禍根を残す結果に
なったのかも知れない

という話です。

何の話かとか言いますと

前年の年の瀬に
急に決まった

日本と韓国の
従軍慰安婦問題の合意

決まった直後から今現在でも
あちら韓国の方でも
非難ごうごうで
朴大統領や韓国外務省を

売国だ!親日だ!
と盛り上がっています

向こうは単純に
プライドの問題で
ヒステリックに怒ってるだけに感じますが

日本は違います。

自分は安倍政権を支持している方です

今回の解決の仕方は大きな間違いです。

これはもうハッキリクッキリと
明言出来ます!


日本の外務省には
本当に日本の利益を考える能力が
あるのでしょうか?
そして、同政権内に鎮座する
公明党は何をしてくれているのでしょうか

今回の合意で
日本が完全に非を認めたという
形になってしまいました。

日本は島国で
海外の情報に精通した人が
非常に少なく
日本のマスコミですら
その情報量は
つたないモノなので
なかなか海外の反応などが
リアルに受け取れません。汗

今回の合意が
どれだけ将来への禍根となるかを
分かり易く知って欲しいので

こちらを見て欲しいです。↓


このブログで何度も

チンピラ相手にコンビニの店長が
コンビニ側に非が無くとも
事を穏便に済ませる為に
土下座してお金を出してしまったら
それに味をしめたチンピラから
いつまでも、絞り取られる

という構図に似たり
と書いてきましたが

自分はその同じ行為を
今回
日本の外務省や阿部政権が
やってしまった
と思っています

どれだけ面倒で
しんどい事でも
えん罪は是が非でも
晴らすべきです。


国民に世界的な犯罪者という濡れ衣を
着せたままではイケ無い!!!
その為に、断固、主義主張を曲げずに
粘り強く誤解を解いて行くべく
努力をする

それこそが本来の国是なのではないですか?
外務省のエリート官僚さん達よ!






posted by Leach at 21:20| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする