2017年07月29日

詐○師???当選???



先日、行われた奈良市議会議員選挙で
国政政党「日本維新の会」とは全く関係がないのに

維新の会公認と謳って、奈良市議会議員選挙に出馬した
松下幸治氏が最下位当選しました。

↓先ずはコレをご覧ぜろ!

偽維新の松っちゃん.jpg

この選挙ポスター!

小池塾って書いてますが
そもそも都民ファーストの小池塾の名称は

小池百合子政治塾「希望の塾」です。

なので小池塾1期生と書くのは法律違反にはならないらしいよ

日本維新の会公認

と書いてますが
コレも本物の日本維新の会が、おおさか維新だった時
先に登録していたからセーフ!らしいw
なにこの狡賢さw
なので左横に小さく「松下幸治代表の地域政党」って書いてますわ!

あの兵庫の号泣議員も維新の名を語って当選してました。

悪事がバレてコテンパンにされるって言う
あんな顛末があったのにも関わらず
2匹目のドジョウを狙って、まんまと当選してしまいました。

今後、彼は奈良の市議会議員として
ノウノウと血税を食い物にして行くんですねー。

法を犯して無いから詐○師じゃないのかな?

日本は法治国家で遵法してるなら

許されるのか???

民事やったらアウトやで???

リコールせなアカンでしょ???
奈良の良識ある皆様!!!


維新の松っちゃん2.png

そして政治家はこのユルユルの公職選挙法を
一刻も早く改正すべきです。

比例代表制も要らんで!






posted by Leach at 03:24| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

マスゴミ



俺は世の中の人々の感覚と
一体、どれ位ズレているのか?


今回の自民党政権支持率と安倍首相への支持率低下に
先ず最初に感じた事です。w

マスコミは一体ドコで世論調査してるのかな???w

7毎日.jpg
↑俺がドコの国の新聞社ですか?って思ってる毎日新聞の世論調査w

今回の世論調査の結果を見ると

殆どの国民は
マスコミの偏向報道と言うモノに違和感を感じていない
と言うモノだと思うのですよ。

言わばテレビで流れる情報や新聞雑誌に載る情報が
全部本当でテレビに出てるタレントやコメンテーターの言葉や
新聞記者の書く文字をまんま信じてしまい
全て受け入れてしまう人がどれ程多いのか・・・。

自分には異常なレベルに感じますけどねー。

とか言う自分も
猪瀬氏がドン内田達に仕組まれて都知事の立場を追われた時
マスコミの情報に踊らされて
このブログで猪瀬バッシングしてました・・・スマセン💦💦💦
他にも実は沢山、間違った情報を元に
自分が踊っている可能性も否定出来ないし
ネットの情報だって、それが正しいのか間違っているのか・・・は
なかなか見極めが難しい。

マスコミに完全を求めるつもりはありません。
ですが
最低限求めたいモノ、そして彼らに一番欠けているモノは

バランスじゃないですか?

何故か一方に報道が偏る

森友学園の問題の時の報道やワイドショーの
取り上げ方でも自民、安倍総理に対した偏向報道ばかりで

民進党の辻元議員が怪しい動きをしているのに(死人も出てる)
テレビやマスコミは

ほぼ完全スルー

知りたい人はネットで検索すれば
山の様に出て来ますよw

加計学園でも加戸氏の国会答弁を

ほぼ完全スルー

国会を混乱させて
国民に悪印象を植え付けて
憲法改正を目標とする
阿部首相の失脚を狙っている様にしか思えない

じゃないとこんなに
バランスを欠いた報道や番組作り、紙面作りにはならないのでは?
と思う

因みにこんなに自民擁護に見える俺ですが
自民党は好きではありません。

それはこのブログの過去の文章の至る所に出て来ると思いますw

ですが、それ以上に
民進党、共産党は嫌いです。

以前までは
当時の民主党が政権を担える様になり
二大政党制でこの国が動けば
自民党の腐敗も減少し
日本が良くなるのでは???
と考えて居ましたが

今は違います。

日本の停滞、混乱を狙い
日本が弱体化する事を目論む存在にしか
見えなくなってしまいました。


さて、マスコミです。

最近で一番マスコミの姿勢に違和感を感じたのは
この件です

埼玉県所沢市の小学校教員が男子児童に対し

飛び降りろ

等の暴言を吐いた!

と言う報道です。

自分も最初、聞いた時は
また出来の悪い教師がヤラカシタ・・・か
と思いましたよ。

ですが
実際にはどうも真実は違うみたいです。

幾つかのネットの情報を精査してみた結果
以下の情報に一番信憑性が有る様に思えます。

先ずコレは日テレ24時のニュースに取り上げられた時の記事

Clipboard01.png

埼玉県所沢市の小学校で、男性教師が小学4年の男子児童(10)に、「窓から飛び降りろ」などと3階の教室から飛び降りるよう何度も迫っていたことがわかった。男子児童は翌日から登校できていないという。

 所沢市立山口小学校の男性教師(40代)は今月12日、鉛筆削りの貸し借りを巡って言い争っていた小学4年の男子児童に、「今すぐ窓から飛び降りろ」「命が惜しいのか。早く飛び降りろ」などと3階の教室から飛び降りるよう何度も迫ったという。

 男性教師は、さらに、「このクラスは34人だったが、あすからは33人でやっていこう」などと話したほか、以前、この男子児童の背中を蹴るなどの暴行をしていたという。

 学校側は、「飛び降りろ」といった発言や暴行の事実を認め、謝罪した。保護者側と学校側のやり取り(保護者提供)では─

 男性教師「『窓から飛び降りろ』と、死につながることを話しました」

 校長「指導に値しない暴言であり体罰であると」

 男子児童は、翌日から登校できていないという。学校側は、今週、保護者会を開く方針。


______________________________________

以上が記事の抜粋です。

ですが↓これを見て下さい。

N7yuqIF-1-597x1024.jpg

sNxdif1-1-601x1024.jpg

もしコレが真実であれば

あの様に
報道したマスコミって一体何なんでしょう???

本来、マスコミってのは
大切な情報を我々、国民に伝えてくれる有り難い存在な筈です。
ですが今現在のマスコミは

数字が取れれば事実を曲げてもイイ
売上が上がれば誰かが犠牲になってもイイ
面白ければ偏向してもイイ
自分の思惑通りになるならフェイクニュースでもイイ

ってなっていませんか?


大震災の時だって
ヘリコプターの爆音のせいで
被害者救助の妨げになった話も
阪神大震災の時からありましたが
何の教訓も生かさずに
東日本大震災の時も同じ罪を犯しています。

都構想の時だって
維新に対するネガティブキャンペーンを張りまくり
大阪自民や共産が陰でやっていたデマのバラ撒きなどの
行為を

ほぼ完全スルー


この国に本当のジャーナリストは居るのでしょうか?
そしてもし居たとしても
きっと今現在の新聞、テレビには出て来れないのかも
知れませんね。

政治家のレベルは国民のレベル
と良く言いますが
今回の世論調査で思うのは
やはりジャーナリストのレベルも
国民のレベルと同じって事ですかね。

ため息⤵





posted by Leach at 01:33| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

ロザン宇治原グッジョブ!


自民が都議選で惨敗したのは
仕方がないね。

まぁ、ドン内田が政界を引退したとは言え
どうせ暗躍して既得権を守るってのが
バレバレでしたからね。

マスコミは森友学園や加計学園への対応や
稲田朋美防衛相の失言等が
都議選に影響したとか言ってるけど
自分はそっちは言う程の影響はないと思ってたりします。

都議選での選挙演説中に起こった
プロ市民達の選挙妨害
安倍辞めろコール 」も

マスコミは丸で演説を聞いていた人達が全員で叫んでいたかの様に
映像での音声を編集してたよ???
ビビるわw

テレビやマスコミは
阿部首相の

「演説を邪魔するような行為を自民党は絶対にしない。こんな人たちに私たちは負けるわけにはいかない」

と言う発言を

「こんな人達には負けない」

の部分だけを切り取り
からのー

「安倍政権に反対する人達には負けない」

と言う作文を創作して
んでもってー

「有権者をバカにしている」

と言う超偏向解釈を以ってして
如何に安倍政権を貶めるかに躍起です。

毎日放送のちちんぷいぷい
同様に連日、阿部首相を攻撃しています。

そんな中!!!

ちちんぷいぷいに出演していたロザン・宇治原が

「安倍さんの『こんな人たちには負けるわけにはいかない』というところを切り取って、自分を非難する人たちを『こんな人たち』と呼んでいるという報道がよくなされている」と指摘

宇治原は、安倍首相を好きでも嫌いでもない、フラットな見方からの意見として、「(安倍首相の発言は)演説を聞かずに、妨害をするという人たちには『負けるわけにはいかない』という文脈だったと思うんですね」と、発言までの流れを推測。加えて、「総理大臣が、自分に反対する人たちを『こんな人たち』って呼んだよ」という報道に対し、宇治原は「あまりフェアじゃないと思う」と主張しました。


マジでその時のちちんぷいぷいを見て見たかったわw


posted by Leach at 05:20| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする