2018年03月29日

証人喚問ドリルすな!



目まぐるしい世界情勢の中
日本はまだ籠池の話をしている

野党は(維新を除く)今回の証人喚問で

疑惑は増々深まった

深めてどうする!?w
野党無能か!(維新を除く)w

おいおいおい!これまでに数々行われた証人喚問で
何か究明出来た試しがあるのか???

ないないない

なのにまるで証人喚問さえすれば
全てが解決するかの様に訴えといて
いざ証人喚問をしたら

疑惑は増々深まった

って

自分から喧嘩しに行ってボコボコにやれてた後に

今日はこれ位にしといたらー」ってのと同じやろ
池乃 めだか じゃあるまいし
自分たちの滑稽さに気が付かないのかね?w

結果
悪戯に混乱を生み
血税を浪費し
ワイドショーのネタになるだけ


今回の話
テレビではなかなか口に出来ないでしょうが

財務省の倒閣自爆テロでしょーーーー???

そもそも佐川前国税庁長官が就任する前の出来事です。
確かに文書改ざんは彼ですが
本丸は彼の前任である迫田英典氏が現役時代にある筈。

とは言え、法的に何の問題も無いのだから
追求のしようも無い

野党は(維新を除く)単純に国会を混乱させて
安倍政権の支持率を低下させたいだけでしょね。

情けない

安倍政権が満点とは言えない



消費税増税を陰で阻止すべく
財務省と遣り合ってた事は明白です。

財務省は予算、血税を昔の大蔵省の様に
自身独力で扱いたくて仕方がないのです。

それが出来れば既得権も
天下りも付いてくるのですからね。

安倍政権さえ倒れてくれれば
また自分たちの言いなりになる政治家が
トップに立つのでしょうし

自分が少しだけ応援してみようかな?って
思った民主党の野田元総理も
財務省の言いなりだったと聞きますもんね。

テレビやマスコミで

少し前までは政治家が無能で官僚に権力が集中する事が問題だ!

って言ってませんでした?

なのに、最近は官邸に権力が集中する事が問題だ!って言ってます。w

自分はそうは思いません。あばれる君か💦

何故ならば政治家は選挙で選べます
官僚は選べないからです。

それこそが民主主義の根幹ですからね。

それにしても
官僚ってのは基本、東大とかの高学歴の猛者ばかりでしょ?

頭が良い=人格者

ではない

それは分かってますが

頭が良い=より原始的になる

ってのが理解出来ない

どういう意味かと言いますと

「猿山の例え」

猿ってボス猿が居て、No2が居てNo3が居たりして
グループが形成されています。
ボス猿になれば権力とハーレムが付いてくる

それを狙ってNo2もNo3もボス猿をいつか追い落とそうと
次の座を狙っている

所詮、人間も猿の長じた生き物なのでしょう。

日本のエリート集団である官僚達も
結局、ボス猿レベルの事務次官の座を狙って
生きている

東大に入るために必死で勉強して
やっとこさ官僚になって
最終的には猿の世界と同じようにポストの奪い合いが主で
本来の役割は二の次、三の次

同じ官僚同士でも財務は一流で
厚労省は二流、三流だとあざ笑う

勿論、我々、庶民の事なんて
ミジンコレベルに見下している

でもそんな奴らが
猿社会の縮図みたいな権力闘争の為に生きていると言うのが
悲しい現実です。

最初は「日本を変える!」と意気込んで入って来た
青年君子も現実の官僚世界で猿になる
ウッキー💨

キャリアじゃないと区別され
そのポスト争いにも入れない

勿論、公僕と言う言葉など
彼らの頭の隅にも介在しない

あるのは自身の将来設計w

そんな連中を政治家が上手くコントロールしないと
イケないのですよ
彼らには能力はある!
その能力を
目の前に美味そうなニンジンをチラつかせながら
最大限に発揮させるのが政治家の手腕

その政治家に能力が無い場合や
政治家自身も同じ様に私利私欲に走ったら

選挙で落とす!

これが理想論です。

言っときますけど

理想論ですからねw

遠吠え🐶💨

posted by Leach at 01:28| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月03日

日ユ同祖論からの空想飛行



さてー公演が重なると余力がなくなり
ブログを書く事がパタリと止まってしまう矢野です。w
今回は前回、前々回の続きです。
期間が空いたせいで
興味が完全に薄れた人も多いかも知れませんが書きますw

日ユ同祖論

書店でも沢山、それ系のコーナーでは目につく様になりました。
また、やりすぎ都市伝説などで取り上げられてからは
もうメジャーなお話なのかも知れません。

単純に日ユ同祖論と聞くと
完全に日本人がユダヤ人と元が同じ
と思ってしまうかも知れませんが

日本は縄文時代だけでも
一万年以上も続いています。

ユダヤやキリスト、イスラムなどのお話は
せいぜい数千年前のお話なので
そもそも、それまでの日本人は???と言う事になります。

なので日ユ同祖論とは日本と言う国に、ある時期
ユダヤ人が沢山やってきて日本人と徐々に同化して行った
と言う話です。

日本人は黄色人種で
ヨーロッパ人は白人
アフリカ人は黒人と大別されます。

ですが
昔の日本人が見た白人は白よりも赤いイメージです。

以前、黒人差別の映画を見たんですが
その映画の中で差別される黒人が

「貴方が私の肌をブラックと言うが実際はブラウンだ。そして貴方はホワイトでは無くピンクだ」

言葉は、まんまではありませんが
そう言う台詞がありました。

その時に、そう思ってるのは俺だけやないんや!って
妙にスッキリした感覚がありました。w

日ユが同祖であった証拠をここで
つらつら説く事はしません。
もうネットにもあちこちで見られるしねw

ただ自論的なモノをここでは書きたい
と言いつつも既に何処かで言われてるモノだとは思いますがね。

先ずは天狗です。

天狗って鼻が高くて赤い
そしてデカイ・・・。

そして山伏みたいな恰好をしています。

yudaya.jpg
↑この写真は日本の山伏とユダヤの修行者の恰好がそっくりだ
と言うモノです。ユダヤの修行者は一本足の下駄まで履いてたとか・・・。

当時の日本人はせいぜい150cmあれば立派な大人の大きさです。

そこに見た事も無い鼻の高い赤ら顔の大男が現れたら
ビックリしますもんね。
勿論、当時の日本人が今の日本人よりも小さかったから
きっとその当時のユダヤ人も
今のユダヤ人より小さかったとは思いますがね。

そして、恐らく彼らが持っている文明的技術力も
当時の日本人より優れていたでしょう。
その上、ユダヤ教徒として山に籠って修行をするんですから

「あのデカイ赤い怪物は何者だ!?」

となりますよね。

そういう意味では鬼も同じ派生かもです。

当時の日本人よりも文明的に優れた部分を持ちやってきた
異民族が徐々に日本に溶け込み影響力を与えた結果

今日本中のアチコチで見られる日ユ同祖的な物証が
残っているのだと思うのです。

言わば戦時中に日本人が訪れたパラオなどの
文明的未開の地の民族の人たちが
今でも日本語の歌を口ずさめる様なモノです。

さて、ここからはマジで自論…多分。w

聖徳太子は居なかった説があります。
聖徳太子は後の誰かが付けた後付けの名前です。
当時から呼ばれて居た…正式名称は厩戸皇子

自分はこの厩戸皇子の方こそ居たの???って思います。
まぁ、居たとしても完全にキリストに影響されて
名前まで変えた人間では?って思いますw

その当時、中国を経由して景教と言うキリスト教系の
宗教が日本に入ってきていて
厩戸皇子もその景教に多大なる影響を受けたとされており

イエスキリストが馬小屋で生まれた

と言う話に感化さえて
敬っていたので

「あいつは馬小屋で生まれたキリストの話ばかりをする」

と言う事で厩戸皇子と言う呼ばれたのかも?とか
思ったりしてます。勿論、完全なる空想です。w

日本の神道もユダヤ教が根源なのでは?
と思わされる部分が多い
伊勢神宮には菊の御紋と一緒にユダヤの六芒星も
あります。

聖徳太子の時代にその神道と仏教が戦います。
その時、聖徳太子は仏教側に着きます。
そして神道側が負けてしまいます。

自分は聖徳太子はきっと政治的勢力
蘇我氏(朝鮮系?)の力に抗えず
仕方なく組したのでは?と考えています。

聖徳太子は仏教も神道も特に拒否せず
どちらの良い部分も吸収すれば良いと考えて居たのでは?
とも思っているのです。

所が、太子の意に反して
神道側の物部守屋は滅ぼされてしまいます。
その後、太子も親族もろ共、蘇我氏に殺害されてしまう。

蘇我氏最低〜

当時、神道が大嫌いな道慈と言う僧侶が居て
その道慈が聖徳太子亡き後
不比等と長屋王の三人で『日本書紀』編纂に関わったと
されています。

この時に道慈が太子の思想信念までもひん曲げたと
大山誠一氏が著書の中で書いています。
自分も納得する部分が多い!w

例えば、天王寺にあります四天王寺です。
あれって入り口に鳥居があります。
お寺なのに何故、鳥居があるのでしょう?

実はその場所は元々神社だったのです。
その場所を強引に反神道派の人間達がお寺に変えてしまった。
これも空想?w

そして大阪城のある森之宮ですが…
実はそれも森之宮ではなく、物部守屋を祭った
物部守屋の宮…モリヤノミヤ…からの〜
モリノミヤ・・・。

只今、矢野はホンマかいな論を爆走中ですが
まだ書きますw

そしてのその物部守屋のモリヤって
あのエルサレムにあるモリヤ山のモリヤじゃね???
とかも飛躍的に感じているのですw

神道を死守しようとして滅んだ人物に
ユダヤ教の聖地の名前が付いている…

京都の祇園がザイオンだとか
三重の伊勢がイスラエルから変じた名前だとかぁ

あっ!これ空飛ぶ卓袱台の脚本で書いたなw

歴史は勝者が自由に書き換えられる

聖徳太子が作ったとされる17条憲法

「篤く三宝を敬え、三宝とは仏法僧なり」

とあります。

三宝とは

仏宝、法宝、僧宝の三つの宝の事とされています。



これも道慈が書き換えたと 大山誠一氏は言います。
考えてみれば三宝の中に僧宝なんて
こんな傲慢な事が本当に入るでしょうか?

本当は仏宝、神宝、法宝だったのでは?

なので太子は殺された

日ユ同祖論からエライ話まで飛躍しましたが
それほど大昔、この小さな島国が遥か彼方の遠い国と
関わりがあったのかも知れない

と言う話です。

縄文時代がこれからどんどんと発掘、発見されて
これまでの史実が覆される日が来ると思います。
そこから飛鳥時代の聖徳太子の謎の部分までも明白になる日が
俺が生きてる間に来れば良いな

最後は希望を述べて締め。汗






posted by Leach at 05:24| 大阪 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする