2013年10月02日

何が変わった?




昔、自民党は
中曽根政権時に売上税なる法案を作り
国民の猛反対にあい廃案、そして退陣
変わった竹下登が今度は消費税と名を変えて立案
国民の反発はあったが前回ほどの抵抗もなく
上手く法案を通しました

日本人は熱しやすく冷めやすいのか
一旦、中曽根政権でガス抜きの様に国民のエネルギーを
燃やして於いて、その後に名を変えて法案を
通すなんて・・・誰が考えた詐欺なんでしょうね?

それで?
消費税を導入してどうなりました?
そして
3%から5%に変わった時もどうなりました?

消費税を導入すれば
何かが良くなる筈じゃなかったんでしたっけ?
んで
3%から5%に上げれば
少しでも何かがマシになる筈じゃなかったでしたっけ?
でも結果は
全てが逆の効果じゃなかったですかね?
それかもしかして?
もっと悪くなる所をそのお陰で助かったんですかね?

しかも現在では10%から15%にしても
足りないって言われてるんですよ?
そんな中で8%にして何になります?
景気が悪くなるだけかも知れません。

震災復興予算を計上する時に各省庁から
復興予算とは名ばかりの殆ど関係の無い予算
まで
どんどん計上されました。

今回も同じでしょ?
色んな理由をつけて自分達の予算を確保するんです。
要するに
各省庁の役人にとって
全てが自分達の既得権を確保する為の
サバイバルゲームパンチなのです。

自分達の将来さえ安泰であれば
例え、この国が国民が借金まみれに
なってもイイんです。
だって、自分には沢山金が入って来るんですからね。
多少、景気が悪くなっても
乗りきれるだけの金を国から搾取して
余生を楽しめるシステムを
      彼らの先人が作った
んですから・・・。


問題解決の糸口はなにか?

言葉では簡単です。

国民が賢くなる事

ただ、それだけです。

★ 国民が賢くなれば
政治家のレベルも上がる
すると官僚を監督する力がアップ!
正しい税金の使われ方をする

すると国民の納税意識も健全になる
税収が上がる
景気が良くなる
国も国民も潤う ★

因みに
賢くなる事ズル賢くなる事は違います。
今はズル賢い人間の巣窟が霞ヶ関と永田町といえます。

ズル賢い官僚は上記した
自分さえ潤えば後は野となれ山となれ主義です。
賢い官僚は
公僕としての意識高く
★マークの様な好循環を生み出してくれるはずです。

今のままでは
夢のまた夢なのでしょうかね。。。


どうなるアベノミクス!







posted by Leach at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック