2013年10月12日

道頓堀プール




堺屋太一さんが音頭をとって進めてる
道頓堀プール
色々と詳細情報が出て来ました。

道頓堀プール.jpg

川自体を泳げるレベルにキレイに変えるのではなく
川の上に箱型プールをはめ込んで作るとか

最初の一時間が2000円、以降が1000円つづ

値段を聞いた段階で
金のある人間が決めてるね!

って分かるよね。w

高すぎる事が理解出来ないのかい?汗

俺は面白い事が大好き!
大阪が話題になるようなイベントも歓迎です。
なので、道頓堀プールも成功して
それが話題になって
沢山、大阪に色んな地方の人
色んな国の人達が来れば良いな!

とは思うけどね。

週に1回、およそ350万円の水道代をかけて水を入れ替える

それだけでも
ちゃんと Pay 出来るのだろうか・・・
と不安ですね。

また、台風やゲリラ豪雨などで川の水が
溢れたらどうなるんでしょうか?
オフシーズンはどうするんだろうか?

沢山、不安はあります。w

そもそもどう考えても長期的に
栄えるイメージが湧きません。

最初、一瞬だけ栄えて直ぐにそっぽを向かれた
モノでインパクトが強いモノの中に
フェスティバルゲートがあります。

fesge.jpg

フェスティバルゲートが失敗した理由は
拡張性の無さやと思っています。
遊園地などは常に何か新しい仕掛けが
必要なのにも関わらず
フェスゲの場合は何の手段もありませんでした。
まぁ、失敗の一番の根源は
第三セクターが手掛けたモノである事
ですけどね。

ですが

この道頓堀プール・・・一時的でも
沢山の人を呼ぶ機動力になり
飽きられない様に上手く立ち回り
潮時を察知し被害が最小限で済む様に
撤退する事を計算した上で
賢く企画して欲しいです。w

昔、今の通天閣の直ぐそばにあった
初代通天閣時代の新世界も
ルナパークと言って遊園地みたいな
感じで賑わってたみたいです。

runaperk.jpg
ロープウェイがカッチョイイ!

また、俺の住んでるマンションの近くにある
茶屋町の前身
明治22年には西成郡北野村( この辺も西成やてー!? )
9階建て、高さ39mの「凌雲閣」があったり

凌雲閣.jpg
凌雲閣hi.jpg

日本橋のでんでんタウンに今もある
五階屋百貨店

gokaiya.jpg
今は古着や中古家電を売ってるだけですが

写真を観て分かると思いますが
三階建てです。w
それが何故、五階屋か・・・

それはここも元は明治21年に西成郡今宮村で
5階建て、高さ31mのパノラマタワー「眺望閣
って建物やアトラクションがあったらしいです。


眺望閣.jpg

北の凌雲閣に南の眺望閣で競り合ってたらしいです。
イイ競り合いですね!大歓迎!w
眺望閣が1年先に出来てて
負けじとその後に凌雲閣が出来たみたいですね。


勿論、俺もその時代は知りませんし
そんなモノがあった事も全然知りませんでした。
過去は直ぐに忘れ去られるモノですねー。
なので、一過性であれ
上手く人を集めて上手く時代の流れに
乗ってくのなら問題は無いとは思います。

後は撤退の潮時をどう読むか!

ですね。
最初から撤退の話をするのは
気分が萎えるかもですが。

原発を含めて
それが一番大切である事を

強く思います!

だしょ?









posted by Leach at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック