2016年04月25日

ブロックと瓦



地震などの災害で
倒壊した建物を見て良く思うのは

コンクリートブロックいる???

って事です。

358414_0_02.jpg

ブロックを製造して生活してる人達には
恐怖の言葉でしょうが…

日本中の至る所に
このブロック塀がありますよね?汗

家の周りを保護する為にある筈やのに
有事の際は逆に凶器になってませんか?汗
しかも、全く進化を見せないw

もっと軽くしかも強度も高く
そして災害に強いブロック
若しくはそれに代わるモノを
ブロックを製造して生活している人たちは
考えて生み出さないと
先細りでしかないんじゃないですか?

もう実はそんなのが存在するのに
俺が知らないかもですが…

もう一つは上の写真にもある通り
ですね。

日本家屋と言えば
瓦です。
風情もあるし美的にも歴史的にも
瓦が無くなってしまうのは寂しい

ですが
地震が来た時に
耐震性の低い木造建築では
瓦の重さが負担となり
一階部分をペチャっと潰してしまい
犠牲者を生むと言う悪循環があります

勿論、瓦以外の部分の重さも有っての事です
なので建築素材を総体的に
強度を高めつつ軽量化する事が望ましいのですが
その中で瓦が
一番難しそうに素人目には見えるんですねー
ブロックよりは瓦の方が多少進化している様には
思えますが
何せ大量に使用する分
軽量化が重要です。

軽いだけで屋根への設置強度が弱いと
台風の時に飛び散らして
また危険な存在になりますんで
難しいでしょうが
瓦を造って生活している人!

頑張って
次世代瓦を造って下さい!

例えば
瓦自体が太陽光発電するとか!

あっ、強度、重さとは関係ないね

地震で犠牲になられた方の為にも
早くそういうモノが出回って欲しいな!





posted by Leach at 18:41| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック