2018年06月08日

俺はそんなに馬鹿じゃねー!



昔、新日本プロレスのアントニオ猪木に国際プロレスのラッシャー木村が
対戦を迫り一騎打ちを行いました。

その時のファンの熱狂ぶりは凄いモノでした。

カリスマ猪木に熱狂するファンの一部がラッシャー木村の自宅にまで
押しかけ嫌がらせをすると言う事件まで起きました。

お陰でラッシャー木村の飼い犬が死んでしまいます。

この2018年で団体が違うとは言えプロレスラー同士が対戦するだけで
そんなに熱狂し異常な行動を起こす人間なんて居ないでしょうねーw

女子プロレスでも同じです。

クラッシュギャルズを凶器攻撃でいたぶる悪役のダンプ松本も
同じ様にファンからの嫌がらせが激しかったと聞きます。

まぁ、プロレスはまだ真剣勝負だ!と信じる人が居て
その為に自分が応援するレスラーへの思い入れが激しく熱くなり
極々一部のアホなファンが危険な行動に出てしまう

と言うのは、その当時としてなら理解出来ます。(アカンけどw


ですが完全に作り物のドラマにでも
本物と信じて疑わない不思議な人が当時沢山居た様子で
先日、秋野暢子さんがテレビで言ってましたが

山口百恵主演の赤いシリーズで
山口百恵の敵役でドラマの中で彼女を虐めまくると言う役を演じていました。

視聴者は現実と作り物の世界を混同し

子供達に「百恵ちゃんを虐めるな!」と道で言われたり
ファンから剃刀の入った手紙が送られて来たり

凄いのは、秋野暢子さんのお母さんが商店で買い物をしようとした時
その店の店主に

あんな子を育てる様な人にモノは売れない!」と
販売を断られたとか

マジで今、聞けば滑稽な笑い話ですが
当時は凄い大変やったんやろうなぁ・・・って思います。


時代はもう21世紀
この2018年も半年が経過した今現在

流石に上記した様な人は皆無でしょう・・・。多分。。。





ドラマやプロレスを現実と混同し感化される事は無くなったとは言え
じゃぁ、今の時代の人間がどこまで賢くなったのか…は疑問です。


先日、友達とテレビを見ていた時です。

ニュースで麻生太郎財務大臣が
マスコミのインタビューに答えるシーンを見た友達が

こいつなぁ・・・もうどう仕様もないな・・・

とため息をついたw

そいつは特に政治に関心も無く
今現在起きている、官僚等の不正などにも詳しくありません。

完全なるマスコミ報道のイメージをそのまんま
受け取って麻生太郎=悪と信じている様です。w

自分が麻生太郎財務大臣の悪いと思う部分は

態度と言葉使い」です。

もう少し上手く立ち回れれば余計な誤解を招く事も
国民への心象も違ったでしょう。

ですがそれが彼の個性であり、あのダミ声で
上から目線的口調でこれまでやってきたので
もう変える事は出来ないでしょうねw

ただ!
彼の話す内容をしっかりと聞き
現在のマスコミの偏向報道の異常さに対する彼の怒りをも
理解すれば
特に問題は感じません

さてはて
この俺の話に同調してくれる人ってどれだけ居るのやら・・・。💧


現代人は罪の無いドラマやプロレスに誤った影響を受ける事は
ありません・・・。

自分はそんな愚かでも無いし馬鹿でもないよ!

と強く自負する人が殆どでしょう・・・。

ですが。。。

非常に悪意のあるマスコミに
ミスリードされている人が物凄く多い
と思っています。

特に政治に興味がなく
テレビや新聞程度でしか情報を得ていない人は非常に危険です。

マスコミは民主主義に取って本当に大切な存在であり
ミスリードをする様な存在でない事を切に願うのですが

今のマスコミが信用出来ません。残念。





posted by Leach at 18:49| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。