2018年10月30日

冤罪には負けない!



両親の仲が良い家庭に育った子供は高学歴になる


統計学から見た結果なのか、精神医学的な見地からのモノなのかは知りませんが

自分は見事に中卒です。💦



親父は酒乱で粗野な人格
母親はどんなお金でも博打につぎ込んでしまうギャンブラー
完全なるヤクザ家庭

自分が中1の時に両親が離婚
お陰で俺は早くから自立してますw

俺が生まれた事をキッカケに親父は組員から足を洗って
カタギの仕事をしていた筈なのですがぁ・・・
今回の話は親父も母親もパチプロをしていた時の話です。
どこがカタギや!!!w

自分が小学校高学年の時に両親は地元町の駅前のパチ屋で
パチプロをしていました。

後々に知ったのですが
パチプロとは名ばかりのヤクザとしての用心棒みたいな存在だったとか

因縁をつけて来る客を懲らしめたり
違うヤクザが来た時の為に・・・。

なので毎日、パチンコに行って必ず玉が出る様
釘師が細工した台をあてがわれて金に換金していたみたいです。

それを

「仕事台」と呼んでいました。

それで可也、儲けていたみたいです。汗だく

ガキの俺には単純に毎日、両親がパチ屋に居る
用があると駅前のパチ屋に会いに行く日々です。

万引き家族的な映画の題材になるレベルっしょw


そんな家庭なので当時、お小遣いは他の家庭の子と比べると
良かったと思います。
今の時代でも小学校高学年で一日お小遣い200円貰っている子は少ないかもです。

昭和50年頃に毎日お小遣い200円を俺は貰って居ました。
単純に一ヶ月6千円程度です。
そもそもそんなルールに沿って生きるのが苦手な親なので
時には1000円をくれたり、もっと多い日も多々ありました。

なのでその200円ルールも短期間で崩壊した記憶がw

いずれにせよ
小学生の子供にはそんなにお金を使う機会はありません。

なので結果的に必要な時にパチ屋に小遣いを貰いに行く形となり
それ以外のお金は貯金箱へチャリン✨と母親が入れてくれる事になりました。

毎日パチ屋に親が居ると書きましたが
他の博打を打ちに行っているのか何をしていたのか知りませんが
パチ屋に居ない日も結構ありまして

その時にお小遣いが必要になったら困ります。
そういう時はタンスに仕舞ってあるその貯金箱をこっそり開けて
必要な分を取っていました。

一応、自分のお金ではありますが
勝手に開けてお金を取ってる事には多少、罪悪感はありました。w


ある日の事です。


またまたお小遣いが欲しくてパチ屋に行ったのですが
親が見当たりません。
なので家に帰り
貯金箱からお金を出そうかと思ってタンスを開けたのですが
その貯金箱がありません。

「ん?違う場所に変えたのかな?俺がこっそり取ってる事がバレたのかな?」

と思い

夜に帰って来た母親に

「お母ちゃん、俺の貯金箱どこに行ったん?」

と聞いたら

「あぁ、あれは違う場所になおした」

との事でした。

その話はそれで終わったのですが
その日の夜中に親父に起こされます。

「ヨシカズ!起きろ!」

「何〜?」

「お前、タンスの中のお金取ったんか!?」



自分はあの貯金箱の事と思い

「あれはお母ちゃんが違う場所になおしたんちゃうん?」

と言うと

「何に使ったんや?言ってみろ!!!」


よくよく聞いてみると、その貯金箱の事では無く
タンスに仕舞ってあった数十万円の金が無くなっていると言うのです。

勿論、自分は知りません。そんな金がタンスに眠って居た事すら知りませんでした。

が親父は

「お前が取ったに違いない!正直に白状しろ!」


自分の実の親に完全なる冤罪を吹っ掛けられている〜😖😖😖

でも取ってないモノは取っていません

いつも親父の暴力に震える日々を送っていた自分ではありますが
冤罪だけは断固拒否です!

親父はついに

「ほんなら、警察に連れていくぞ!ええんか!?」

「それでも良い!取ってない!」

「ほな、今から連れて行く!服着ろ!」


と真夜中に出かける準備をさせられて
駅まで二人でトボトボと歩いて行きました。

駅に着いても真っ暗で勿論、電車なんか走っていません。

そこまでしても頑なに拒ひる自分を見て
嘘をついてないと思ったのか
そのままUターンして帰宅

そこからどうしたのか覚えて無いのですが
それ以降はその話は有耶無耶になりました。

因みに親父は島根出身で島根弁が抜けない人でしたので
言葉の言い回しは大阪弁に変換しています。W


さて、ある日の夕方頃の事です。

晩ご飯を一緒に食べに行く為、両親が居る駅前のパチ屋に向かっていると

遠い親戚の俺より二歳下くらいの男の子と近所の中学生の兄ちゃんが
チャリンコをニケツしながら話しかけて来ました。

「よしぼー(俺)家に誰かおるー?」

「おれへんよ、今から皆でご飯食べに行くから」


と普通に会話をしてスレ違いました。

親戚の子はチャリの後ろで大きな電灯を持っていました。


家族で外食を済ませ
皆で家路につく時

自分だけ

「おばあちゃんの家に寄ってから家に帰るわ」


と途中から親父、母親、妹の三人とは別の道を歩いて行きました。
おばあちゃんとは軽い会話をしただけで自分も直ぐに家路につきました。

家まで50mほどの距離になった時
突然、家の方から

何者かが走り去る陰が!

そしてその後を親父が

「待て〜!!!」と追いかけて行きました。

何事か!?と走って帰ると

母親が・・・部屋で、へちゃっててw

玄関を開けたら中からライトの光が左右に揺れたらしく

直ぐに泥棒が居ると分かったそうです。
親父が間髪入れずに追いかけたのですがベランダから素早く逃げてしまった。

ベランダには犯人の靴が脱ぎ捨てられていたとか

それで実は
パチ屋に向かう途中に
二人に声をかけられた事、その時に大きな電灯を持って居た事を
告げました。

ベランダに残された靴も明らかに大人の履くようなモノでは無かったので

母親の従姉妹の子供の犯行なのは明白だと言う話になりました。

なので、警察へ届ける事は止めました。

俺がタンスの金を盗んだと疑われた原因がその時に判明したのでした。

にしても自分の息子を第一に疑う父親
親戚の家に盗みに入るガキ

ホンマ、カオスな環境ですよねw

お前のせいで俺が泥棒扱いされたやないか!
反省しろ!タカ坊!!!



家に泥棒が入った後に一人で帰るのって不気味ですよー。
また誰か居るかも知れないって思いながら暗い部屋に入るんですからー。冷や汗




それから数年が過ぎ、自分は中学二年になりました。
母親とも別れ、新しい女と暮らし始めた親父

ある事件をきっかけに(この事件はまたいつかw)
俺は父親に引き取られる事に

自分の部屋も与えて貰っていたので
特にもめ事も無く静かに学校へ通って普通に生きて居ました。

がある日、親父が

「ヨシカズ!!!お前!!!こいつ(義母)のお金取ったんか?」

これは先ほどの話の様な貯金箱から金を抜いていたとかの
伏線はありませんので

即、拒否です!w

「取ってない!」

「こいつのヘソクリ2万が無い言うてる!お前が取ったんやろ!?」



それにしても
お前には学習能力がないのか!?数年前に冤罪を吹っ掛けた反省は無いのか?!w

何故に真っ先に自分の息子を疑うのだ!?

その時は俺ももう14歳なので
父とにらみ合いにもなります・・・よね。

でも親に暴力を振るうなんて考えは毛頭ありません。
なので冤罪を振りかけてくる親父をはね除けて

家を飛び出しました
しかも裸足でw
捕まったらボコボコにされるので靴を履く間なんか有りませんw

そしてそのまま、リアル母の居る町まで行って
事情を説明し、もう帰りたくない!と告げ
暫く、母親の元に居ました。

とは言え、その家もチンピラが日替わりで出入りする様な
極悪な環境でしたわ。涙

暫くして、その話も有耶無耶になり
俺はまた連れ戻される事に・・・。
まぁ、学校もあるので

静かに必要な時以外は部屋に籠もっていました。

少し日が過ぎまして
また、親父が

「ヨシカズー!」と呼びます

「何〜?」

二階の部屋から顔を出すと

「お盆の下にお金を仕舞ってた事を忘れただけや言うてるわ。だから出てきたわお金。ほら、お前謝れ!」

「ごねんな!(素っ気なく)」←義母


それで終わりけ?


しばくぞ!!!


そんな親父が先日・・・旅立ちました。











posted by Leach at 21:08| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。