2019年02月27日

子供の社会のアカンとこ



今回は前回と合わせて読んで頂くと解りやすいと思いまんねん。w



前回のブログでは

果たしてそれで良いのだろうか・・・。

で終わりました。


自分が何故そう思うのか・・・と言いますと。


例えば、自分が行きたい場所があるとします。

そこで・・・

その場所への行き方を知ってる人に連れられて行く場合と

自力で調べて考えながらその場所に向かう場合と

では

その場所へ行った・・・と言う結果は同じなのに
その後に残る知識、経験力は明らかに後者の方が勝ると言う事です。

特に自分はそのタイプなんですよねーw

誰かに連れられて何処かに行った場合は
ボーーーーーっと着いて行って
後で考えると何も覚えてないw


自分はだいぶ、他の人よりもボーーーーっと生きてるだけなのかもですが(>_<)


さて
今の例え話から飛躍します

とある会社で初代がバリバリなやり手で
その会社をデカくした

所が
2代目、3代目がその会社を継いで駄目にしてしまう

って今の例え話のケースと同じだと思うのです。


初代は自力で学習して経験値を積んで会社をデカくしたが
2代目、3代目は言わば
そこまでボーーーーっと着いて行った俺と同じだからです。w

勿論、例外はありますので絶対ではないですがね。


前回の丁髷の話でも下級武士は月代を剃ってなかったし
町民、庶民も剃って居ない場合が主なので
             (時代によって誤差あり)

若禿で悩む人間は居なかった」は言い過ぎですからねw

飽くまで丁髷社会内でのお話に過ぎません。


今の社会はどちらかと言うと
知ってる人にココまで連れてきて貰った人だらけな社会

ホンマに俺の表現って変わってますねー。自分でも笑けるわw

子供向けの社会は人に優しい便利な社会なのですが
自力で考えて経験値を積む作業が難しい社会。

なので政治家も官僚も経団連の人間も
高学歴な東大、京大生も・・・
本来、社会的上位にあるべき人間達が
こぞって頼り無いw

プライドは高いけどね

話の帰結が強引過ぎますか?

確かに強引ですが
俺は
図星で無くとも遠からずと思ってますけどーw

日本が戦争に負けて
全てを失ってゼロから立ち上がった人達は
凄く逞しくて頼りになったやろなぁー!って思います。

鎖国状態が長く続きすぎて平和ボケしてた
幕末の徳川幕府方の人間の頼りなさと
今の時代の政治家、官僚、財界人の未熟さが
めちゃ似てるって感じるのは俺だけでしょうか?w

それはもしかしたら人間の常なのかも知れませんし
日本人特有の常なのかも知れません。

そんな今が子供向け社会で未熟な大人が闊歩する
お花畑な世界だと思うのです。







posted by Leach at 18:53| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。