2019年03月28日

デマ VS 有権者


大阪の皆さん選挙ですよー。


「誰がやっても一緒・・・」
「分からない」
「興味がない」

なーーーんて言ってる人は俺のこれから書く内容を読んで欲しいですわー。


今回の知事、市長入れ替え選挙だって…「なんで?😵」と思って居る人も多いでしょう。
んでもって、なんでこんな流れになっているのかも知らない人が多いかもですね。

ゴホン!私が説明しよう!ふふふ(何回かに分けてね)


とか言うてコマゴマと説明しても俺の文章力では飽きられる。(知ってるよ)

ので!ポンポンポンと説明しますね。(出来るかな)


都構想は住民投票で負けたから、もうええやん!

と言う人もメタメタ多いでしょう。それはそうだと思います

ですが!

自分が一番問題だと思う事は、あの時の住民投票で

都構想反対派の人間たちが「デマ」をばら撒き
有権者を騙した!という事です。


それで 正しい結果 が出ると思います???


例えば!

家に「都構想へのアンケート調査です!」と電話がかかって来る

貴方は都構想には賛成ですか?反対ですか?」と聞かれる

賛成です!」と答えると

賛成票の受け付けを完了しました。これで選挙に行かなくとも賛成票を投じた事になります。

これ詐欺でしょ?!


他にも

住民投票は都構想に反対の人の数を問う選挙なので、賛成の人は選挙に行かなくても賛成票を投じた事になります。」と言う

これを日ごろ応援している政党の人間から言われたら信じませんか?
特に高齢者の方はこれで可也の人が騙されました。

何故、これが許されるのか…住民投票は公職選挙法で裁かれる事はないので
デマを流しても法的に問題にならない…

と言うからくりです。

💢💢💢ゆるすまじ!💢💢💢


他にも、ネガティブキャンペーンのオンパレード

「都構想になると保育園が遠い所になる。」

嘘ですよ。

本当は逆に区割りの境目がなくなるので、これまで凄く近くに保育園があるのに区が違うから行けなかった…と言うのが無くなる。
要するに逆に選択肢が増える


「財源は75%カットされる。法律で決められている。」

財政調整交付金により財源は確保されます。

「都構想が実現すると、消防署が減る。遅れて来る…」

んな訳ない!(タモリ風)
ここまで来ると何でもあり?w

「都構想が実現すると、区役所が無くなる」

どこで行政業務しろっつうねん!?w

「都構想が実現したら、地域のコミュニティが破壊される」

逆ですね。これまで区長は役人で住民の意見を組み入れて仕組みを変える権限がありませんでした。所が都構想では区長を選挙で選ぶので有権者の意見を区長が聞くようになります。
地域のコミュニティも責任感とやる気がもっと出るはずです。


「都構想が実現すると大阪城が無くなる」

今の大阪城は絶賛再浮上中です。来園者は遂に姫路城を抜きましたよ。
既得権で守られていた売店を排除して公平な審査で選ばれた店舗が入り。
公園内にはスタバが出来たり、色んなレストランからお土産屋さんに
大中小の劇場が三つも出来ました。
これまでの大阪城では考えられない変化でしょ?
それを何故、無くす?w



今回の選挙でも絶賛デマ拡散中です。

騙されてはイケませんよ!!!

但し!前回の住民投票では
大阪市民に健全な人が多いと言う事も証明されたのかも知れません。

あんなキテレツなデマばかりだったにもかかわらず

選挙結果は49.6対50.4(694,844:705,585)です。
5000人強くらいの人が騙されただけでしたからね。

ですがその人数の人が賛成に投じていれば住民投票は可決しましたので
残念です。


さて!
ここ数日はこんなん一杯書くので是非是非参考にして下さいね。


次行ってみよう!











posted by Leach at 16:14| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。