2019年07月24日

吉本王国崩壊のはじまり



今回の吉本興業の一連の問題噴出を見て
自分が感じた事・・・


中国と似てるw

って事です。


中国は防衛費も莫大で経済力も世界を牽引する大国です。

何故、それが出来るのか…

それは国民の犠牲があるからです。

14億人の内、年収1千万円以上の人口が一億人以上居るらしい。
日本の人口よりも金持ちが多い!w


ですが、その勝ち組以外の国民の現状が悲惨なのです。

勿論、日本の様な年金制度も、保険制度もありません。
生活保護なんてある訳ないし、人権なんて〜ラララ〜ララララ〜ラ〜🎵
政府に楯突けば消されるしw

中国が先進国レベル並の保証を全国民に施行すれば国力は一気に沈下するでしょう。

正に一部の勝ち組以外は野垂れ死んでも知りません的な国家運営。

これからの中国は日本以上に高齢化が進み
国家に求められる予算的負担が想像を絶するレベルになると言われています。
それを考えると今後の中国は後退する事必至って感じです。


さて、吉本興業です。

吉本には6000人以上の芸人が所属していると言います。
とは言えその6000人の中で勝ち組に入れる芸人は極僅か…。

正に一部の勝ち組以外は野垂れ死んでも知りません的な会社運営。

今回の不祥事で吉本にその6000人への対応を世間は迫っています。

政府の閣僚までも吉本へコンプライアンスを強く求めだしました。

6000人とペーパーベースでの正式な契約をする事
そして、その6000人への給与も最低賃金の保障です。

でも、それをしたら吉本は恐らく一気に弱体化すると思います。

下手したら倒産するかも知れませんね。

芸人6000人の内でお金を稼いで会社に還元出来る人材は殆ど居ないと思います。

となると6000人を抱えつつ会社運営する事は不可能でしょう。

吉本芸人としてチャンスを伺い
いつか一攫千金を狙って日々切磋琢磨している知名度の無い人達の多くは
契約解消されるかも知れません。

吉本の看板が無い無名な芸人が売れる事は至難の業です。
他の芸能プロダクションへ移る事にも限度がありますしね。


テレビやマスコミは吉本のブラックな部分を
単純に「」として切って捨てますが
その正義の言葉の陰で今後、売れない芸人たちの未来と可能性が
打ち消されるのかも知れません。

吉本の悪どさは知りませんが
今回の件での吉本の対応は最悪でした。
何よりも
弁護士のレベルが低すぎるw

良く給料が9対1で芸人には1しか入って来ずに
同じ番組に出た他のプロダクションの芸人が貰っている額を知って驚いた!
なんて話もネタで良く聞きます。

確かにその辺りの見直しは必要かもですが
急にシステムを変える事で別の問題が出て来たり

会社への実入りが減る=会社の力が弱まる

って事なので
今後、吉本は弱小化して行くかも知れません。

何でも世間様の常識と言う物差しで
リンチする事が果たして良い結果を生むのだろうか。

と弱小劇団の主宰でしかない俺が憂うのでした。💦





posted by Leach at 17:02| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。