2020年03月13日

中国・習主席、新型ウイルス「抑え込み」を宣言!



中国政府が制作した新型コロナを抑え込んだ!と言うPR用の映像は
病院関係者?が次々と笑顔でマスクを外していくと言うモノ…
それが世界中に拡散されています。

気持ち悪〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
😵😵😵😵😵オエ〜

イタリアでは1000人が亡くなっていると言うのに…。

一体、どうやって抑え込む事が出来たのか???
習近平国家主席にお伺いしたいものです。


矢野の妄想では


習国家主席 「何?武漢の化学兵器工場でウイルスが漏れた?
       放置すると全土に広がる???ワクチンはあるのか?」
下っ端   「は・・・はい!」
習国家主席 「大量生産は出来るのか?」
下っ端   「は・・・はい!」
習国家主席 「よし!それまでは武漢を閉鎖しろ!」


習近平国家主席は10日、新型コロナウイルスの感染が大流行した湖北省武漢市を訪れた。

矢野妄想でも無いとそんな早急に抑え込む事なんて出来んやろ!?

その手段があるのなら、キモいビデオなんか作らないで
世界中にその抑え込む為のノウハウを伝達しろよ!

徐々に工場、企業も稼働を再開したと聞きますが
それまた世界にウイルスをばら撒く行為じゃね?????


上記した事も含めて

コロナ騒動が続いてる間に色々と分った事
また逆に解らなくなった事があります。


2月18日の「損して得取れ・・・を知らんのか?」

で書きました。

「お隣の韓国ではウイルス検査を政治の力で10000人を一気に出来る様にした。
所が我が日本はMaxで300人。何この差。💦💦💦 恥ずかしいわ。💥」

ですがこれは水際対策への文句です。

新型コロナが問題になった当初
少なくともダイヤモンド・プリンセス号が戻った時点まででは
出来るだけの検査体制を確立させ

可能性のある人を隔離し拡散を防ぐ行動を取るべきだった!と
例え、それが無駄であっても
日本政府は国民の命を第一に考えていると言う姿勢を示す意味と

テロなどの緊急時に日本はこれだけの対応が出来る!と言うアピールの為にもね。

但し!今はもう違います

もうコロナは蔓延してしまっています。

今、不安を抱える人を検査する体制を作ってしまったら
医療機関はパンクします。

そして徐々に解って来た事ですが

PCR検査の感度は高くて70%


陰性と出ても完全とは言えないレベル。
陰性と判断されたのに後に陽性に…なんて事も
10人に3人は出る可能性がある訳です。

野党(維新を除く)はPCR検査を国民全員でする様な法案を提出予定
テレビではそれを後押し

検査代は3万円

↑これこそ完全な無駄金ですよ!?

またPCR検査は非常に専門性の高いモノみたいです。

例えば経験豊富な臨床検査技師でもしっかりと数日研修、学習した上で
やっとこしっかりと検査を行えるレベルの難しいモノだとか

スクリーニングとしては無意味であるし
医療機関が破綻すると言う最悪のオマケもついて来る。



ダイヤモンド・プリンセス号が横浜に寄港した時に
日本政府の動きは非常に苛立つモノでした。
その原因も解りました。

アメリカのCDC(アメリカ疾病管理予防センター)から
船内の安全は確保されいるので日本政府の介入は暫く待って欲しいと
依頼されたと言う話を上念 司 氏が言ってました。

にも関わらず
船内ではダンスパーティーなどの濃厚接触が繰り広げられていました。

日本政府が介入してからは、上手くコントロール出来たので
感染者がそれ以上増える事は無くなったと言います。
検査した側が感染すると言う代償も付きましたが・・・。


korona2.png
中国の情報は信じてはイケません。w

korona3.png

korona4.png

ダイヤモンド・プリンセス号寄港以降の日本は
新型コロナを上手く抑え込んでいると言える。

まだまだ予断は許しませんが

引き続き

手洗い、ウガイ、目、鼻、口に触れない
食事、睡眠をしっかりと取る

などの自己管理と防衛をしましょう!

この続きはまた次回!解らなくなった事も等を…



posted by Leach at 11:32| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。