2020年03月17日

世界保健機関は地に落ちたのか




テドロス事務局長.jpg
世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は
「検査に次ぐ検査を」と驚くべき会見をしました。

チャイナマネーにズブズブグダグダにされているWHOですが
世界的な権威もあり
提唱された提言には過大なる説得力も付加されます。


検査=ワクチン
検査=特効薬


では有りません。

検査をすれば免疫が出来て感染しないと言う訳では無い!

一度、陰性と出ても
陽性者と濃厚接触をすれば感染します。

クルーズ船などの限られた空間や空港などの入国時に
水際対策として一斉検査する事には意味がありますが

この今の段階でそれを言うか???汗だく

そんな検査にはあまり意味がありません。

中国、韓国やイタリヤは検査をやり過ぎたせいで医療機関に人が殺到しパニックになりました。

そのせいで本当に治療が必要な人への対応が出来なかった。
中国の実数は闇の中だと思いますがイタリアでは2000人以上の方が亡くなっています

何故、そんなに沢山の犠牲者が出たのかは
今後の検証が必要ですが

日本で亡くなった方の数を冷静に見るべきです。
要は感染者の数が問題なのではなく
如何に重篤な方を医療機関が優先して治療する流れを堅守出来るかが重要なのです。

心臓疾患や糖尿病など持病のある方や高齢者が重篤になりやすく
若者は殆ど重症化しないモノである事が解っています。

重症化しない人は家でじっと人との接触を極力避けて安静に治療する。

高齢者や持病のある方は保健所や医療機関へ、もしもの時の相談をして
その後の対策と行動を取る。

これが現段階での正しい対応だと矢野は考えます。


立憲、共産、左翼系マスコミなどは検査数の少なさを理由に危機感を煽りますが
今の日本は海外と比べて新型コロナへの対応は上手く行っていると思います。

安倍政権が上手くやっているかどうかは疑問ですが
日本人自身のウガイ、手洗い、周りの消毒などの防御的姿勢が功を奏していると言えます。


後は政府がどれだけ肝の据わった対策を取れるかですね。

麻生大臣は嫌いなキャラではありません。
MBSの大吉洋平アナが自身が司会する番組内で
記者へ横柄な対応をする麻生大臣に

麻生太郎.jpg

「記者は国民の代表です。麻生大臣は国民に向かって、そういう態度を取っているに等しい」

と批判していました。


ですが

そもそも記者は国民の代表じゃありません。
大いなる勘違いです。

確かに麻生大臣は偉そうで上から目線な対応なので
それが許せない人は居るでしょう

でも問題は大臣としての仕事が出来て居るのか出来て居ないのかです。

態度がぁ〜、言葉がぁ〜

と言ってたらその内、顔が気に食わない、声が嫌いだ、方言がダメだ!
ってなりませんかね?

今でもそうなのかは知りませんが
一時期、アメリカではデブは人間的に劣ると言う評価を下される
と言う非常に痛々しい価値観がありました。

差別に煩いリベラルや左翼的な人間が社会に蔓延すると逆に差別的な社会が醸成されると言う
典型です。


昨年、愛知トリエンナーレで開催された「表現の不自由展」も同類の仕業です。

偉そうな態度で腹が立つと言うのなら


立憲民主の蓮舫氏や福山哲郎氏の総理に対する質疑では
「総理を叱ってる???」って思うレベルで偉そうです。

彼らは常にヒステリック。(>_<)

蓮舫.jpg
福山哲郎.jpg

話がそれました。w

その麻生大臣を筆頭に財務省が今後の日本をどう救うのかが
全てです。
今の所・・・ヤバそう

一番の懸念は麻生大臣に庶民の生活がリアルに理解出来て居るのか・・・です。
なんつっても金に苦労した事も無いでしょうし
不労所得で生きて行けるレベルの人間に庶民が救えるのか!

ですね。

自分は彼の態度や言葉使いよりも、そっちの方が心配。

日々、物凄い情報が飛び交い
物事が進んでいるのでブログで書くつもりの内容が書けませ〜ん(>_<)


一つだけ!w

こんなに新型コロナで世間が怯えているのに
空気清浄機の効力について一切取り沙汰されないのは何故???

シャープはプラズマクラスター
パナソニックはナノイオン
ダイキンはストリーマー


とCMではウイルスも分解したり、やっつける!って言ってませんでした?

本当に必要な時に閉口するってなんで???
こんな時こそ、ガンガンアピールして売り上げに繋げると思うけど
清浄機だけに空気を読んで静かにしているのだろうか?


御あとが宜しいようで・・・。




posted by Leach at 17:01| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。